【保存版】ギザ10円玉の価値・買取相場・査定見積もり情報まとめ

テレビの鑑定番組でとんで史的価もない鑑定価格となり世間を騒がすお宝。絵画、焼き物、宝石、時計、おもちゃなど、お宝には様々なものがある。しかし、これらのお宝を所有するのは、セレブやコレクター、もしくは古くから続く家など、ごく一部の人間のみで、大半の人間にとってお宝は無縁のものである。

しかし、実は、セレブでもコレクターでなくても、お宝が身近に存在する場合がある。それは、通貨である。通貨は、物やサービスを購入するために使用したり、労働の対価として受け取ったり、など日常生活で使用するアイテムである。世界中に通貨はあるが、日本でいえば、一万円札や五千円札などの紙幣や500円硬貨や100円硬貨などの硬貨が流通しており、日常で使うアイテムなので誰もが持っているため、高額で取引されるお宝のような希少価値はなさそうに見える。

実際、通貨は、通貨の種類により何百万枚、何千万枚、何憶万枚と、とてつもなく発行されている。しかし、その中に様々な理由により数量が少なく希少価値が高いものが存在する。それこそが、通貨の中のお宝で、場合によっては、額面の何倍もの価格で取引されるものも出てくる。まさに、身近にあるお宝である。通貨のお宝の中から、今回はギザ十について記載していく。


10 yen macro / kylehase

ギザ十とは

ギザ十は、淵に溝史的価が刻まれている十円硬貨のことで、ギザギザがある十円硬貨から、ギザ十と呼ばれている。淵に刻まれている溝は、十円硬貨では、昭和26年(1951年)から昭和33年(1958年)にかけて発行された十円硬貨のみにあることから、ギザ十の表面に刻まれた年号は、昭和26年~昭和33年のみとなる(ただし、昭和31年(1956年)は、十円硬貨が発行されなかったため、昭和31年のギザ十は存在しない)。

ギザ十が発行されたのは、今から数十年も前のことだが、耐久力がなく2年ほどしか使用できない紙幣と違い、硬貨は固く耐久力もあることから、よほど摩耗していない限り回収もされないので、現在も、相当数のギザ十が流通し、使用され続けている

どのようなギザ十の価値が高いのか

通貨において価値が高いものは、数量が少史的価なく希少価値が高いものである場合が多い。ギザ十においても同様で、ギザ十が発行された昭和26年~昭和33年の期間で、一番発行枚数が多い昭和29年発行のギザ十の希少価値が一番低く、一番発行枚数が少ない昭和33年発行のギザ十の希少価値が一番高くなっている。そのため、買取価格は、昭和33年のギザ十の価格が高く、昭和29年のギザ十の買取価格が一番安くなっている。

ただし、注意しなくてはならないのは、昭和33年発行のギザ10は高額で買取されるが、それは、流通していない未使用のギザ十に限られるということである。昭和33年発行のギザ十は、一番発行枚数が少ないといっても、2,500万枚発行されているのである。そのため、流通している昭和33年発行のギザ十は、数十円程度の買取価格となっている。もっとも発行枚数が多い昭和29年発行のギザ十の買取価格は、なんと11円である。

それでも、昭和29年発行のギザ十でも、額面の1割増しの買取価格ではあるが、買取業者のほうが買取を断る場合がほとんどである。昭和33年発行のギザ十も同様で、買取を受け付けている買取業者は少ないだろう

では、どのようなギザ十が、高額で買取をされているのか。それは、前述のように未使用のギザ十となる。未使用とは、一度も流通されていない硬貨のことを指す。つまり、新品同様のギザ十となる。未使用のギザ十であれば、昭和29年発行のギザ十は、2万円前後で、昭和33年発行のギザ十は、なんと5万円以上で買取をされるのである。額面が10円の硬貨が、5000倍以上の価値を持つということになる。これは、まさにお宝であろう。

その他の年のギザ十も未使用であれば、2万円~6万円で買取されている。6万円もの価値が付くのは、昭和26年発行のギザ十で、発行枚数は昭和33年発行のギザ十の4倍もあるが、他の年の十円硬貨にはない特徴があるせいか、未使用品の場合の買取価格は、昭和33年発行のギザ十より高額となっている。また、使用済みであっても、美品であれば、それほど買取価格は落ちないようである。

条件は付くが、場合によっては高額で買取されることもあるギザ十、財布や家の中を探してみるのもいいかもしれない。思わぬお宝を発見することになるかもしれないからである。

買取業者の選択について

ギザ十を売却する時は、買取業史的価者などに売却することが考えられるが、買取業者は、ギザ十などプレミアがつく通貨の買取実績が豊富な買取業者のほうがいいだろう。買取実績が豊富であるということは、ギザ十の相場を熟知しているため、提示される査定は、相場の価格が反映された正確な価格である可能性がある。

また、ギザ十を売却に出す時は、複数の買取業者に見積を依頼したほうがいいだろう。複数の見積を比較して、一番高額の見積を提示した買取業者と買取の交渉を行えば、高額で売却できる可能性が高まるといえる

見積を依頼する買取業者の選択において、留意しておくべき点がある。

まず、ギザ十など通貨の買取実績が豊富である買取業者の選択したほうがいいだろう。買取実績が豊富であるということは、それだけ多くのユーザーがその買取業者に買取を依頼しているということになるからである。ユーザーが買取業者を選択する場合に多い理由は、高額で買取してくれることであり、そのため、買取実績が多い買取業者は、高額で買取する可能性があるのである。さらに、買取実績が多い買取業者は、買取対象の知識を豊富に持っている事が多いので、前述の条件に当てはまる可能性がある。

また、買取業者が行っているサービスの内容も選択する上で重視する必要がある。買取を依頼する際には、出張買取の場合の出張料、宅配買取の場合の送料、査定料、買取手数料など様々な名目で費用が必要となる場合があるが、当然、これらが安い買取業者のほうが売却益は増えるので望ましいだろう。また、問い合わせにできるだけ早く回答すること、買取の際の説明がわかりやすいこと、トラブルがあった場合などに対処するためのアフターサービスを実施していること、など様々なサービスを実施している買取業者のほうが、安心して取引できるといえる。買取業者が行っているサービスが充実していることは、重要なことなのである。

買取実績が多いこと、サービスが充実していること、これらを満たす買取業者のうち、お勧めなのが「スピード買取.jp」である。

スピード買取.jpは、ギザ十含む様々な通貨、古銭の買取実績が豊富で、多くのユーザーから支持されている買取業者である。また、買取実績の一部をホームページに公開するなど、どのような品物をどのような価格で買取しているか事前に確認することもできる。また、ギザ十に関しては、ホームページでコラムを公開しており、ギザ十に関する知識が豊富であることが伺うことが出来、ギザ十の買取を安心して依頼できるといえる。

また、スピード買取.jpは、買取に関わる手数料を無料にしているほか、ユーザーの問い合わせやアフターサービスに対応するために専用の窓口を設置、出張買取は最短で30分で訪問するサービスや交渉が纏まればその場で現金で支払うなどのサービスを実施するなど、ユーザーのために様々なサービスを実施しており、サービスが充実した買取業者といえる

もし、ギザ十の買取を検討している場合は、見積を依頼する買取業者としてスピード買取.jpを選択すれば、満足のいく取引となるだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「【保存版】ギザ10円玉の価値・買取相場・査定見積もり情報まとめ」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから