【保存版】楽譜の処分費用・おすすめの廃棄方法を徹底比較

本コラムでは、楽譜の処分費用おすすめの処分方法を紹介していく。

楽器を演奏する人にとって、楽譜は購入することも多いアイテムだろう。だがある程度のレベルに至ったために今ある楽譜が不要となった場合、そのまま処分していいものか悩む人もいるだろう。

本コラムでそのような点をリサーチして詳細に述べていくので、参考にしてもらえると幸いだ。

楽譜の処分費用

まず最初に、楽譜の処分費用について述べていこう。

楽譜を捨てて処分する前に、どれくらいの費用がかかるものなのかを改めてリサーチしておくといいだろう。

基本的には資源ごみとして費用をかけず捨てることができる

楽譜の処分方法についてだが、楽譜は雑誌や漫画、また古本などの資源ごみ同じ処分方法になる。

これは自治体によってルールが違うため、自治体のHPなど見て確認しておくといい。ビニール紐などで縛って捨てる処分のため、特別な費用をかけず捨てることができるだろう。

ただし、楽譜は売れるアイテム

当たり前ではあるが、この楽譜は普通ごみとして処分できるものだ。しかし、捨てて処分するのが非常にもったいない。

なぜなら、意外と知られていないが、この楽譜は売ることができるアイテムだからだ。しかも、中古市場においては売れ筋のアイテムなのである。

中古市場で現金化できるアイテムをそのまま捨ててしまうのはもったいない。そのため、楽譜は捨てる処分でなく売る処分を検討すべきだろう。

楽譜を売って処分することはできるのか?

上記では、楽譜を売って処分したほうがいいと述べてが、本当に、要らなくなった楽譜を売って処分することは可能なのだろうか。

そこで次は楽譜を売ることについて述べていくので、押さえておこう。

リサイクルショップや古本屋など楽譜は売れる

楽譜がどこで売れるのかについて述べていきたい。

楽譜はリサイクルショップ古本屋買取専門業者で売ることができるだろう。

今ではネット上のみで買取を行なっている業者も多い。ネット検索で楽譜が売れるのかリサーチをしてみると複数の業者がヒットするので、調べてみるといいだろう。

楽譜は業者買取だけなくネットサービスで売れる

また、楽譜は業者買取だけではなく、フリマアプリネットオークションでも売ることができるアイテムとなっている。

フリマアプリやネットオークションをリサーチしてみると、楽譜を出品している売り手は多く、よく売れていた。

とくに有名なメジャーアーティストの楽譜やバンドスコアは人気があり、高い値が付くようだ。

このようなネットサービスで楽譜を購入しようという人は意外と多いようなので、フリマアプリやネットオークションで売ることも選択肢に入れておくといい。

どこで楽譜を売るといいのか?

ここまで楽譜の処分について、いろいろなポイントを述べてきた。これまでの説明で楽譜は売れるアイテムだということは理解できただろう。

次は最後になるが、楽譜はどこで売るといいのかについて述べていくので参考にするといい。

また、各サービスでの楽譜の相場も紹介するので確認していこう。

各サービスの相場

まずは各サービスの相場を紹介していこう。

メルカリ
  • ●フルート楽譜 J-POPカラオケCD付き…1,300円
  • ●ピアノ楽譜 結婚式のうた…500円
  • ●ギター弾き語り楽譜 YUKI…1,000円
  • ●楽譜 ヴァイオリン…1,300円
  • ●back number バンドスコア blues 楽譜…1,800円
  • ●月刊エレクトーン 楽譜…388円
ヤフオク
  • ●箏曲楽譜 古曲…896円
  • ●箏曲楽譜 島津/高野/中村…1,008円
  • ●雅楽関連4冊 楽道撰書 多忠雄「雅楽譜の読み方」「旋律と合竹 雅楽の形式」「写本2冊」…9,600円
  • ●竹久夢二版画表紙 セノオ楽譜 「スワニー河の歌」 No.211…7,161円
  • ●J3/楽譜 カーメン キャバレロ…1,600円
  • ●ドレミ楽譜出版 ピアノ名曲110選 GRADE A,B,C 3冊セット…1,110円
業者買取
  • ●GRANRODEO / BEST 《楽譜・スコア》…800円
  • ●androp / anew 《楽譜・スコア》…600円
  • ●Aldious / Determination 《楽譜・スコア》…740円
  • ●ACIDMAN / Life 《楽譜・スコア》…300円
  • ●ウルフルズ / ウルフルズベスト 《楽譜・スコア》…1,000円
  • ●Superfly / Force 《楽譜・スコア》…1,000円

楽譜はフリマアプリやネットオークションでまとめて売るべき

上記が楽譜の相場ということになるが、この相場をみてもわかるように、まず楽譜は売れるということは把握できる。

その上でどのようなサービスでこの楽譜を売ったほうがいいのかということだが、フリマアプリネットオークションで売ったほうが楽譜は高く売れると思っていい。

とくにまとめて売るとさらに高く売ることができるようだ。なので、オススメの処分方法としては、このようなネットサービスへまとめて出品して売るのがいい方法だと言える。

ネットサービスにはデメリットも…

ただし、このようなネットサービスへ出品して売るのは少しハードルが高いというデメリットがある。

というのも、フリマアプリやネットオークションは、出品したから発送するまでの時間手間がかかってしまうのだ。

その点、業者買取では楽譜を送ったり、持ち込んだり、なかには出張買取のサービスを行っている業者もいるため、気軽に利用でき、簡単に売ることができる。また、現金化も早いメリットがある。

手間や時間をかけたくない人はネットサービスではなく、業者買取で売ることをおすすめする。

まとめ

本コラムでは、楽譜を処分する際のポイントや情報などをリサーチして紹介した。

まず押さえておきたいポイントが、楽譜は売れるアイテムだということだ。それを知った上で捨てて処分をするならいいだろう。

ただ、現金化できるアイテムなのであれば、売って処分をしたほうがいい。

ただし、売るにしてもいくつかの方法があるので、本コラムで紹介したポイントを参考にし、自分自身でもしっかりと一度リサーチをしてみよう。そして、できるだけ高く売れる方法で楽譜を処分するといいだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「【保存版】楽譜の処分費用・おすすめの廃棄方法を徹底比較」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから