どこからが違法?ライブチケット転売時の注意点と落とし穴

気になるミュージシャンのチケットを取ってみたものの、急きょ仕事が入って行けなくなった、友達の都合が悪くなった、はたまたデートで行こうと思っていたら別れてしまった…ライブチケットにはこのようなトラブルがつきものだ。譲るあてのある友人が身近にいればよいが、いつもそうはいかない。

では、どうやってチケットを売ればよいのか。売買の際の注意点を含め、以下にチケット転売の方法についてまとめてみた。


Great gigs of our time... Xiu Xiu at Electric Circus / StartAgain

そもそもチケットを売っても違法ではないか

ライブ会場に行くと、チケットを片手に歩き回っている人々に出会うことがある。人気アイドルや有名ミュージシャンになるとその数は顕著に増えるであろう。彼らは「ダフ屋」(チケット=“ふだ”の隠語から由来する)と呼ばれ、転売目的でチケットを買い定価以上の金額で売って利益を得る。

公共の場所で営利目的に行われる転売は、多くの都道府県において迷惑防止条例として禁止されており、違法行為である。

ダフ屋でなければ法律違反では無い

しかし、行くつもりで買ったチケットを転売することは営利目的ではないとされ、条例違反にはあたらない。また値段の設定に関しても双方の合意が得られ、かつ常識的な範囲の金額であれば問題はないのだという。したがって、この点に関しては安心して転売を行ってもよいといえる。

見落としがちな注意点

ただいくつか注意しておきたいのが、プレイガイドや興業者側の規定である。ダフ屋対策として、近年では入場の際に本人確認書類を厳しくチェックしたり、稀にではあるが購入の際に顔写真の提出を求めたりするようなケースも増えてきている。そのため、本人確認があるチケットの譲渡は難しいかもしれない。

また、迷惑防止条例に引っかからずとも、販売側の規定として“いかなる”転売行為も禁止”されている場合がある。このため、ファンクラブを通じて購入したチケットの転売行為が発覚した際には、退会措置などが取られる可能性も残念ながらゼロではない。これらを念頭に置いた上で、自己責任の下での転売をお願いしたい。

チケットの売却方法

チケットの転売方法は様々な方法がある。ここでは安心して売却することのできる方法をいくつか紹介していくので、ぜひ参考にしてほしい

チケットボードで売る

人気ミュージシャンのファンサイトの多くには、チケットボードが設置されている。単なるBBS形式のものから、売買のプラットフォームがきちんと構築されているものまで、その種類は様々であり、基本的に“チケボ”での取引は個人間で行われる。取引の方法は双方に委ねられるため、自由度は高い。筆者が以前チケボを利用した際は、多くの買い手から購入希望のメッセージが届き、その中から手渡しで譲ることのできる希望者を選びチケットを譲った。

郵送での取引も可能

対面で取引するのに抵抗があるときには郵送での取引を行うこともできるが、この場合、お金とチケットを受け取る時点にタイムラグがあるため、取引評価制度を備えたチケボを利用し、信頼できる取引相手を選ぶのが賢明であるといえよう。

オークションで売る


blink-182 ticket / Jephso

ヤフオクや楽天オークションに代表されるオークションサイトのチケットカテゴリをのぞくと、かなりの高額で取引されていることがわかるだろう。しかし、多くの場合これらの出品者は、利益目当てにチケットを売り出すダフ屋である。規制の一環として、座席番号がわかる形で出品されたチケットはコンサート当日に無効とされてしまうこともあるという。

リスクが伴うことも理解して上での利用が大切

営利目的の転売でないにしても、出品者、購入者双方にある程度リスクのある取引方法である。ニーズに見合った金額で売却できるメリットがある一方で、オークション事情についてかなり深く理解をしておかなければならないため、オークションを利用しての転売に際しては、細心の注意を払う必要がある。

チケット売買サイトで売る

チケット売買サイトの大手としては、チケットキャンプチケットビスチケットストリートなどが挙げられる。これらのサイトは譲りたい人と買いたい人の仲介業者として存在し、譲り手は一旦チケットを仲介業者に送り、ここできちんと確認を得たうえで買い手のもとに届けられる。

仲介手数料がかかるが、利便性は一番

出品者評価や個人情報も業者によって管理され、送付方法や注意点などに関しても詳細に説明されているので利用者の利便性は一番高いといえる。しかし、ある程度の仲介手数料がかかることを覚悟しておかなければならない。

金券ショップで買い取りして貰う


natalie merchant live in 2012 : san francisco (2014) / torbakhopper

各地に店舗を構える金券ショップに行けば、直接コンサートチケットを売ることができる。対面で値段の交渉をしたり金額に納得がいかなければ取引をやめたりすることも可能だ。しかし、人気があったり開催日まで余裕があったりと、売れる可能性のあるチケットでなければ買い取りしてもらうことは難しい。また相当なプレミア価値のあるコンサートでなければ、定価以下の取引を覚悟したほうがよいであろう。

目的に応じた売り方を

個人による転売にはさまざまな方法があり、どれも一長一短がある。今までに転売の経験がなく取引に不安がある際には、チケットキャンプなど売買サイトや金券ショップなど第三者による仲介のある売り方をおすすめする。いずれにせよ、ライブという非日常をより多くの人に楽しんでもらうためにも、チケットとお金を無駄にしない選択が重要だ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「どこからが違法?ライブチケット転売時の注意点と落とし穴」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから