イタルジェット中古バイクの高額査定情報・参考買取相場まとめ

2015年よりエスシーエスに次いで、名古屋を拠点とするトライクファクトリーでも国内販売が行われるようになったイタルジェットは、実用性重視の小型バイク市場に斬新さや面白さという新たな風を吹かせている話題のメーカーである。日本国内での知名度が高まってきた近年では、中古バイク市場でも高値で売れる存在としてさまざまなメディアで紹介されるようになった。今回はそんなイタルジェットの特徴から、この会社の中古バイクが高価買取される理由について、詳しく紹介していきたい。


San Diego Dave's Italjet Dragster 180 (nice day-glow yellow) / ericheath

イタルジェットの中古バイクが日本で高く売れる理由

日本国内でイタルジェットの中古バイク需要が高い背景には、下記2つの理由があると言われている。

美術品として評価されるデザイン性の高さ

「流行の仕掛け人になるため」とか「革新するため」といった信条で開発を行うイタルジェットのバイクは、グッゲンハイム美術館やニューヨーク近代美術館で収蔵、展示されている。この実情を知るファンの中には、観賞用としてイタルジェットの中古バイクを購入する人も多く存在するため、国産バイクと比べて壊れやすいイタリア製であっても、デザイン性の高さという付加価値によって高価買取対象になっていると考えて良いだろう。

希少価値の高さ

エスシーエスやトライクファクトリーといった販売店のみで取り扱われているイタルジェットのバイクには、「国内ではあまり見ないブランド」という希少価値がある。特にディーラーのない地方都市では、珍さがプラス査定要素になることもあるため、実用性の低いイタルジェットであっても高く売れるケースは多いと考えて良いだろう。

人気シリーズと参考買取相場情報

イタルジェットの主力商品は、50cc~250ccという幅広いラインナップで知られるドラッグスターシリーズである。斬新なカラーとデザインで定評のあるドラッグスターは、たっぷり走り込んだ50ccクラスであっても2万円~8万円ほどの高額査定が期待できる。またスクーターの常識を一掃するようなイタリアデザインのフォーミュラ50の場合は、10万円を超える高額査定の実績も多く見受けられるため、「国内ではマイナーなブランドだから」などと思わずに堂々と査定依頼をかけてみて欲しい。

まとめ

国内流通量が極端に少ないイタルジェットの中古バイクは、「国産では再現できないデザイン性」と「珍しさ」という2つの角度から買取店へのアピールを行うのが理想である。特にイタリアのスクーターはお洒落度を重視する都市部で高く売れる傾向があるため、一括査定サイトなどを利用して多地域の買取店に査定依頼を行うことが「イタルジェットの価値がわかる業者と出会うコツ」と考えて良いだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「イタルジェット中古バイクの高額査定情報・参考買取相場まとめ」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから