実は売れる!ポケットWi-Fiなどモバイルルーターを高額買取して貰うコツ

Wimaxなどモバイルルーターを契約したものの。契約が切れたり解約したりなどで不要になってしまう場合がある。スマホの買い替えの時にauから乗り換えるのでKDDIのルーターを解約するといった場面もあるだろう。特に、携帯電話の契約時に割引目的のオプションとして購入した場合はすぐにWimaxの回線だけを解約するので、ルーター端末が手元に残る。

また、スマホのデザリングで済んでしまうケースが多く、使わなくなってしまった人も多いのではないだろうか。スマホやタブレットと違い、残しておいて何か使用することは非常に少ないため、目的がない限り売却してしまいたいものだ。実は売れてしまうのである。

そこで、Pocket Wi-Fiを含むモバイルルーターをどのようにして高く売ることが出来るのかを紹介するが、結論的にはライズマークという小規模買取サービスをおすすめしている。


Pocket wifi / rdmarsh

高く売る方法はあるか

モバイルルーターの買取価格相場は非常に値段が低く、買取上限が数万円になることは皆無だ。数千円程度のものだと考えてほしい。前提として、9000円くらいの価格になっていたら相当高い部類だと考えてもおかしくない。

そんな厳しい状況の中、どのようにして売ることで高くつくのかというと最もベストな方法はポケットWi-Fiの買取専門店で買い取ってもらうことだろう。どのような機種でも一律で買い取ってくれるお店もある。

逆にオークションの場合、相場が安いため下手をするとほとんどの機種で店舗での買取価格より安い価格になってしまう。確かに、契約もせずに端末をいきなり個人で買う人をイメージしにくい。だとするならば、買取専門店でどのような方法を取れば高く売ることが出来るのかを以下で考えておきたい。

買取業者を比較する

ソフマップやじゃんぱらといった大手の買取業者でも取り扱っているが、中小規模のライズマークではポケットWi-Fiの高額買取を行っている。どこからでも無線でアクセスできるWimax人気などもあり、手持ちの人は多いはず。買取価格は業者によって違うので、比較すると500~1000円ほど高く売れる可能性が生まれる。以前、筆者の友人がライズマークでルーターを売却し、3500円程度で買取して貰っていた。

高く売るコツ

どれも基本的なことではあるが、元箱やマニュアルや付属ケーブルや付属CD等は忘れずに揃えておかなければ、店舗での査定でマイナスとなってしまい買取金額が引かれるだろう。そもそも、買取上限価格が低価格であるモバイルルーターがマイナス査定になるのは命取りだ。

また、査定の値段が上がっている日やクーポンがつく日を狙って買い取り査定を行ってもらうことがベストだろう。

もう一つポイントとしては、なるべく不要になったらなるべく早めに売ることが望ましい。使えるネットワークの周波数などがどんどん増えて、それに対応するようにルーターが進化するため旧製品はほとんど用済みになってしまう。なるべく商品価値が下がらない間に売っておこう。

売る際に注意すること

基本的なことではあるが、解約済みの端末であることが条件だ。また、SIMカードは各端末の外し方を確認し抜いておこう。スマホと違いデータはないが、このような基本的なことは行っておくべきだ。

まずは無料見積もりをしよう

モバイルルーターは本体料金が高かったころに一生懸命払っていても、売った時には結構安い値段が付いてしまうものだ。良い状態を保てるように扱い、元箱などはしっかり揃えておこう。そのような心がけがあるかなかいかで随分と値段に差ができてしまうことも事実だ。尚、ポケットWi-Fiはまともに買い取りしているお店が少ないため、事前の比較、調査が重要である。

当サイトの調査では、ソフマップやじゃんぱらよりもライズマークでの査定額がより高い。Pocket Wi-Fiを手放す時は、査定申込してみる価値がありそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「実は売れる!ポケットWi-Fiなどモバイルルーターを高額買取して貰うコツ」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから