橋本雅邦(はしもと がほう)掛け軸の価値・買取相場・査定情報

重要文化財指定の屏風作品を制作した橋本雅邦は、掛け軸の買取市場においても注目度の高い日本画家だ。橋本雅邦の描いた作品は、ヤフオクだけでなく国内ライブオークションにも出品されている。また人気テレビ番組・なんでも鑑定団の出品実績も非常に多いため、橋本雅邦は美術館などの施設だけでなく、たくさんのコレクターが所有・注目する人気作家と位置づけて良いだろう。今回は、橋本雅邦の経歴や作風などを確認しながら、その価値や買取相場などの情報を皆さんと一緒に整理していきたい。

橋本雅邦とは?

橋本雅邦は、明治維時代に活躍した日本画家だ。在野でありながらも画壇の重鎮として多くの人々に慕われた橋本雅邦には、勝園という号もある。

狩野派の手ほどき

橋本雅邦が日本画の手ほどきを受け始めたのは、5歳の頃だったと言われている。狩野派の基礎を実父から学んだ雅邦は、同派の江戸幕府御用絵師・勝川院雅信を師として本格的に絵画を学ぶ形となる。

盟友・狩野芳崖との関係

同時期に勝川院雅信への入門をしていた狩野芳崖は、橋本雅邦の歴史を語る上で欠かせない生涯の親友だったと言われている。独創的表現への意欲と狩野派への不満を共有した彼らは、切磋琢磨しながら頭角をあらわし、23歳で早くも塾頭になったそうだ。また同門の木村立嶽や狩野勝玉とともに「勝川院門下の四天王」と称された彼らは、後に橋本雅邦と狩野芳崖だけが「勝川院の二神足」と呼ばれるまでの実力を付けていった。

油画を描いていた時代

自身の号をもらって独立した橋本雅邦には、自宅の火災による財産焼失や絵師の需要が少ないなどの理由で、海軍兵学校で製図を行っていた時代もあったようだ。またその後、狩野派の絵師としてほとんど活動のできなくなった橋本雅邦は、一時期は油画を描くことを余儀なくされた時代もあったと言われている。

新しい表現技法の模索

狩野派の絵師として高い壁にぶつかっていた橋本雅邦に、アーネスト・フェノロサによる伝統絵画の復興運動という大きな転機が訪れる。親友・狩野芳崖と一緒に新たな表現技法を模索し始めた雅邦は、第1回内国絵画共進会にて銀院主席を獲得した。またフェノロサの鑑画会に早い時期から参加していた雅邦は、盛んに制作への意欲を見せることで宮内庁御用の「竹に鳩」などの作品を生み出していったようだ

近代美術に及ぼした影響

こうした形で日本画家としての道を再び歩み始めた橋本雅邦は、親友・狩野芳崖とともにフェノロサや岡倉天心の指導を受けながら、東京美術学校の設立に向けて尽力する形となる。

また早くに亡くなった芳崖の代わりに絵画科の主任となった雅邦は、横山大観や下村観山、川合玉堂、西郷孤月といった明治以降の近代美術をリードする将来の巨匠たちを指導することとなったようだ。こうした形で幅広い日本画家を育てた橋本雅邦は、美術学校騒動により東京美術学校の職を辞し、仲間たちと一緒に日本美術院の創立に尽力した。

橋本雅邦の画風

長きに渡って一緒に活動してきた橋本雅邦と狩野芳崖は、日本画界における近世と近代の橋渡しをした画家だと考えられている。若い頃に狩野派の基本や描法を学んだ雅邦は、一時期描かざるを得なかった洋画の遠近法の技法を自身の作品の用いるようになった。

またこうした彼らの取り組みは、明治期における日本画の革新とも言われているため、国内における近代美術の発展を語る上で橋本雅邦と狩野芳崖は、欠かすことのできない存在と位置づけて良いだろう。

橋本雅邦の掛け軸における買取相場

現代の買取市場においても、橋本雅邦の掛け軸や日本画作品は高い価値が付けられている。

高子観瀑乃図大幅

一般の人達が多く集まるヤフオクでも、橋本雅邦の掛け軸は55,000円~65,000円前後で落札されることの多い存在だ。例えば、二重箱と象牙軸付きの「高子観瀑乃図大幅」については、61件もの入札によって56,000円で落札されている。こうした作品の多くは、汚れ、シミ、巻きシワ、折れといった経年劣化や時代感がある。しかしそれでもインターネットオークション・ヤフオクで高値が付く実態から考えると、橋本雅邦の作品であればその大半に高い需要があると捉えて良いだろう。

渓村首夏図

橋本雅邦の掛け軸は、国内ライブオークションでも高額落札の期待できる存在だ。絹本彩色の「渓村首夏図」という作品については、エスティメートの下で300,000円、上で500,000円の予想額が設定された。しかし実際のオークションでは、予想落札価格を遥かに上回る580,000円もの結果がでているため、市場が変わっても橋本雅邦の作品は高い人気があると捉えて良いだろう。

観音図

人気テレビ番組・開運なんでも鑑定団においても、これまでに橋本雅邦の3作品が出品されている。その中で最も高い価値があった「観音図」という掛け軸には、5,000,000円もの鑑定額が付けられた。これに対してシミなどのコンディション低下が多く見受けられる掛け軸については、橋本雅邦の肉筆であっても600,000円の鑑定額となるため、将来的な高価買取を狙うなら経年劣化を最小限に抑える方法で保管や取扱いをする必要があると言えるだろう。

橋本雅邦の掛け軸を高価買取に繋げる査定ポイント

最後に、橋本雅邦の掛け軸や日本画作品を高値で売却するために欠かせない査定ポイントを、皆さんと一緒に確認しておきたい。

橋本雅邦の作品には贋作も多い

橋本雅邦作品のコレクションや美術品投資を考えているなら、信頼できる古美術商から本物を購入することが必要だ。多くの日本画家が憧れる橋本雅邦には、残念ながら模写やコピー品といった偽物が多い実態がある。またこうした事実に気付かず雅邦の作品だと信じ続けていると、実際に売却や現金化をする時に恥をかくと考えて良いだろう。もし今現在、所有している掛け軸の真贋がはっきりしないなら、早めに専門店に相談をした方が良いかもしれない

橋本雅邦の買取に積極的な業者の特徴とは?

橋本雅邦の買取に積極的な専門店では、他店よりも遥かに高い査定額を付けてくれる。また橋本雅邦などの人気作家を強化買取対象とする業者の多くは、取引が成立しなかった時の作品返送料や査定料、キャンセル料などを無料にすることで、お客様が問い合わせをしやすいシステムを構築している。また今の時代は友達にメッセージ送信するような感覚で使えるLINE査定などもあるため、初めて掛け軸を売る皆さんでも気軽に査定士とのコミュニケーションを図りやすいと捉えて良いだろう。

掛け軸が複数本あるなら出張買取サービスの活用もおすすめ

複数本の掛け軸や日本画を一気に売却するなら、買取店のスタッフが自宅で査定や鑑定を行ってくれる出張買取サービスの利用がおすすめだ。このサービスを活用すれば、宅配買取のように作品の梱包などを行う必要もなくなる。また良心的な専門店では、地方都市に住む依頼主の家にも出張費無料で来てくれるため、掛け軸売却にかかるコストも削減できると捉えて良いだろう。

優柔不断な人には相見積もりもおすすめ

買取店の提示する査定額に対して「高いのか?安いのか?」といった部分で戸惑いを感じる皆さんには、オンライン査定などを使った相見積もりも大変おすすめだ。複数の専門店に作家名や作品タイトル、サイズといった情報と写真を送信すれば、それぞれの査定基準から算出された査定額の提示が行われる形となる。またこの方法は日中の仕事で来店ができない皆さんでも簡単に実践できるため、自分のタイミングで売却に臨めるといった意味でもメリットは非常に大きいと捉えて良いだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「橋本雅邦(はしもと がほう)掛け軸の価値・買取相場・査定情報」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから