石川寅治(いしかわ とらじ)洋画作品の価値・評価・買取相場・鑑定情報まとめ

石川寅治とは

石川寅治(いしかわとらじ)は、高知県出身の洋画家である。明治8年(1875年)に生まれた石川寅治は、旧制中学で洋画を学ぶと、明治24年(1891年)に上京し、小山正太郎の不同舎に入塾、こちらでも洋画を学んだ。その後、文展、帝展、日展において長く活躍し、様々な賞を受賞した。

また、吉田博、満谷国四郎らとともに美術団体である太平洋画会を結成、さらに文展、帝展、日展などにおいて出品だけでなく委員、監事、審査員を務め、東京高等師範学校や東京教育大学においても講師として後進の指導に当たるなど、日本における洋画の普及において功績を残した

石川寅治の作品の価値は

文展などの官展や太平洋画会において長く活躍し、また後進の指導にも取り組んだ石川寅治の作品は人気があり、高額で取引されることもある。石川寅治の絵画作品としては、油彩、水彩画、デッサン、木版画などがあるが、技法や図柄、絵画の状態などにより数万円から数十万円で取引されているようだ。

石川寅治の作品の価値を決めるポイントについて

前述のように高額で取引されることもある石川寅治の作品であるが、作品の価値を決める要素はいくつかあり、高額で取引されることがある石川寅治の作品であっても、作品の価値を決める要素の中にマイナス要因があれば、作品の価値は下がり、思ったほどの価格で取引されないこともある

ここに、吉田博の作品の価値を決めるポイントについて簡単に記載していく。

石川寅治のサインがある作品は需要が高くなる

作品中に石川寅治のサインがある場合は、需要が高くなり、取引価格も高額となる可能性がある。

木版画の版上サインのような印刷されたサインを除くと、サインは、作品が完成した後に入れられるものである。木版画の直筆サインも、作者が印刷の状態を確認してサインを入れる場合が多い。このため、作品はサインがあることで初めて完成した、と考える場合も出てくる。作品によってはサインがないものもあるが、作品として完成していれば作品の価値に影響することはない。

しかし、前述のようにサインがあることで初めて完成した、と考える人が、特に絵画を収集する収集家に多いことから、サインがある作品の方が需要が高くなり、取引価格も高くなる可能性があるのである。所有している石川寅治の作品にサインがあるか確認をしたほうがいいだろう。洋画の場合は、サインは、作品中だけでなく作品の裏に記載される場合もあるので、作品の裏も確認をしたほうがいいだろう。

作品の状態が作品の価値に影響する

高額で取引されることもある石川寅治の作品であっても、状態が悪い場合は、作品としての価値が下がるため、取引価格も下がる可能性が高い。作品の状態は、作品の価値に大きく影響するためで、作品の状態があまりに悪いと、取引ができない場合も出てくる。取引ができないということは、作品の価値は限りなく低くなった、ということになるのである。それくらい、作品の状態は作品の価値に影響を与えるのである。

作品の状態が悪い例としては、作品に切れ目ができる破け、作品の一部がなくなってしまった破損、湿気などにより発生したカビシミ、紫外線を含む日光のような外光があたることにより色あせが発生する日焼け、温度変化などにより絵具が取れてしまう乖離などがある。

状態が悪化する原因としては、作品が制作された長い時間が経過することにより発生する経年劣化もあるが、作品を保管する環境や取扱いが悪いことにより発生することもある。作品の状態を悪化させて作品の価値を下げないためにも、作品の保管や取扱いには十分に注意したほうがいいだろう。

取引の際には鑑定証は重要となる

作品が高額で取引されるような高名な作家となると、その作家が手掛けた、と偽った作品である贋作が流通する場合がある。石川寅治も例外ではなく、石川寅治の贋作が流通していることも残念ながら十分にあり得るのである。

贋作は、石川寅治の名前を騙っている限り作品の価値は無いに等しく、もし、作品としての出来がよくても、プロの業者などは取引することは、決してないだろう万が一、贋作と気が付かず、贋作を石川寅治の作品として取引した場合は、取引に使用した費用すべてが無駄になってしまうだろう。

そのため、取引の際は、鑑定証と呼ばれるものが必要となる場合が多い。鑑定証は、所定の鑑定機関が、この作品は石川寅治が手掛けた作品である、と鑑定したことを証明するものであり、作品と鑑定証があれば、石川寅治が手掛けた本物の作品ということで、安心して取引できるのである。つまり、鑑定証は、取引を成立させるために必要な重要なものであるといえる。

所有している石川寅治の鑑定証について確認をしておいたほうがいいだろう。鑑定証は、前述の所定の鑑定機関に依頼すれば取得することができるが、手続きが複雑であり、一般人には対応が難しい場面が出てくることから、鑑定証の取得については、取得の代行を行う業者に依頼したほうがいいだろう。

・石川寅治の作品を売却する場合について

石川寅治の作品を売却する場合についてだが、美術品の取引や美術品そのものに対する知識がない場合は、できるだけ専門家がいる業者に取引を依頼したほうがいいだろう。買取業者については、石川寅治のような明治から昭和にかけて活躍した近代日本の洋画家の作品の取引実績が豊富な業者、オークションであれば、専門家が対応するアートオークションもしくは、オークションの出品を代行してくれるオークション出品代行業者などである。

美術品の取引においては、複雑な手続きやトラブルが発生した場合の対応において、美術品の取引についての豊富な経験や美術品に対する深い知識が必要な時もあり、これらがない一般人には、対応が困難であろう。専門家については、経験も知識も持ち合わせていることから、問題が発生してもスムーズに対応できる可能性は高いといえる。

専門家に対応を依頼するとそれなりの費用が掛かる場合があるが、安心して取引するためには必要な費用であるといえるだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「石川寅治(いしかわ とらじ)洋画作品の価値・評価・買取相場・鑑定情報まとめ」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから