福田平八郎(ふくだ へいはちろう)日本画の骨董価値・鑑定相場まとめ

福田平八郎(ふくだへいはちろう)とは

福田平八郎(ふくだへいはちろう)は、大分県出身の日本画家である。1892年(明治25年)に文具店を営む福田馬太郎の長男として生まれた福田平八郎は、1910年(明治43年)に京都市立絵画専門学校別科に入学し日本画を学んだ。続けて、京都市立美術工芸学校、京都市立絵画専門学校と進学し、京都市立絵画専門学校卒業後に開催された第一回帝展にて出品した「雪」が入選、さらに第三回帝展では出品した「鯉」が特選となるなど、才能を開花させた。

その後も、帝展、日展などで長く活躍し、1961年(昭和36年)には、文化勲章を受章し、さらに文化功労者に選出されるなど、近代日本画家を代表する1人となった。

福田平八郎の作品の価値は

大正から昭和にかけて活躍し、独特な画風で様々な賞を受賞した、近代日本画家を代表する1人である福田平八郎の作品は、人気が高く、高額で取引されている。

日本画は、図柄や状態にもよるが、数十万円から数百万円で取引されることが多く、福田平八郎の作品の中でも人気が高い作品となると、数千万円で取引されることもあり代表的な作品では、1億円を超える価格で取引されたこともある。

福田平八郎の作品としては、他に木版画、シルクスクリーン、複製画などがあるが、これらも図柄や状態にもよるが、数万円から数十万円で取引されているようだ。

福田平八郎の作品の価値を決めるポイントについて

前述のように高額で取引されることも多い福田平八郎の作品であるが、絵画としての価値を決めるポイントは色々あり、高額で取引される福田平八郎の作品であっても、価値を決めるポイントでマイナス要因がある場合は、作品の価値が下がることがある。その場合は、取引価格も下がり、期待通りの価格で取引されないことになってしまうこともある。

ここに福田平八郎の作品の価値を決めるポイントについて簡単に記載していく。

技法は日本画のほうが価値は高い

福田平八郎の作品としては、日本画、版画、複製画など様々な種類があるが、価値として高いのは、やはり日本画で、同じ図柄でも版画や複製画に比べると何十倍も取引価格は高くなる。

所有している福田平八郎の作品がどのような技法か確認すれば、市場における作品の価値がある程度わかるので、事前に確認するのもいいだろう。

人気が高い図柄は他の図柄より取引価格は高くなる

同じ作家の作品でも、その作家の特徴が表れているような作品などは、他の作品より人気が高く、取引価格も高くなる傾向にある。

福田平八郎の作品の場合は、制作された時期により人気が変わり、初期のころ制作された作品はあまり人気が高くなく、時間が経過するに連れ人気は高くなり、晩年、特に最晩年に制作されたものは、非常に人気がある。

所有している福田平八郎の作品は、どのような図柄でいつの時代に制作された作品か確認しておくと、ある程度の価値がわかる場合もある。

福田平八郎の署名や落款がある作品は需要が高くなる

作品の中に福田平八郎の署名落款がある作品は需要が高くなり、取引価格も高くなる傾向がある。

署名や落款は、作者が作品を制作した後に入れるものだが、作品の中には署名や落款がないものもある。作品として完成されていれば、署名や落款がなくても特に問題はないのであるが、前述のように、署名や落款は作品が完成した後に入れるものであるため、署名や落款があることで作品は完成した、とも考えられるのである。

そのため、絵画などを収集する収集家などは、署名や落款がある作品を好む傾向にあり、そのため、署名や落款がある作品の需要が高くなるのである。

所有している福田平八郎の作品に署名や落款があるか確認をしたほうがいいだろう。

共箱や共シールがある作品は取引価格が高くなる傾向がある

作品の価値を決めるポイントとして、付属品の有無がある。付属品の中でも特に重要なのが、共箱、共シールが挙げられる。

共箱とは、作品を保管する桐箱に作者が署名や落款などが記載したものである。この共箱は、その作品のために用意されたものであり、付属品として共箱があるとその作品の需要が高くなり、取引価格も高くなる傾向がある。

もう一つの共シールとは、作者の署名や落款がある紙片のことであり、作品の裏に貼られている。この共シールは、作者がこの作品を制作したことを証明するものと見られる場合があり、そのため、共シールがあることで作品の価値が上がることがあり、取引価格も高く傾向がある。

所有している小林古径の作品の共箱や共シールの有無について事前に確認をしておいたほうがいいだろう。

作品の状態は作品の価値に大きく影響する

高額で取引されることもある福田平八郎の作品であるが、状態が悪い場合は、作品の価値は下がり、取引価格も下がる場合が多い。作品の状態は、作品の価値に大きく影響するのである。

作品の状態が悪い例としては、結露により発生することが多いシミカビ、日光などが当たることにより色あせする日焼け絵具のひび割れ、作品の破れ欠損などがある。これらの多くは、作品を保管する環境や作品の取り扱いが、作品を保管するのに適していない可能性が高い。

作品を保管する時は、状態を悪化させて作品の価値を下げないように、作品を保管する環境などに十分に注意したほうがいいだろう。

鑑定証は取引をするうえで重要となる

高い価値をもつ美術品には、その美術品に似せた贋作がしばしば登場する。それは、日本画であっても例外ではなく、テレビの鑑定番組などで、本物であれば数百万、数千万の価値を持つ絵画が、贋作として鑑定され、かなり低い額の鑑定結果となることは決して珍しいことではない。

そのため取引の際には、所定の鑑定機関が、福田平八郎が手掛けた本物の作品と鑑定した証拠となる鑑定証が必要な場合が多い。鑑定証の有無は、取引をするうえで重要となるのである。

所有している福田平八郎の作品の鑑定証があるか確認をしたほうがいいだろう。鑑定証の取得については、取得の代行を受け付けている業者もあるので、必要に応じて相談してみるのもいいだろう。

福田平八郎の作品を売却する場合について

福田平八郎の作品を売却する場合だが、前述のように高額で取引されることが多い福田平八郎の作品であることから、美術品の取引に慣れていない場合は、専門家に取引を依頼したほうがいいだろう。

買取業者の場合は、業者ごとに得意な分野があるので、福田平八郎のような近代日本画の取引が得意な業者、オークションの場合は、専門家が対応するアートオークションなどがいいだろう。手数料などそれなりの費用が掛かる場合もあるが、トラブルがあった場合など、専門家が対応したほうがスムーズに対応できる場面も多く、安心して任せることができるといえる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「福田平八郎(ふくだ へいはちろう)日本画の骨董価値・鑑定相場まとめ」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから