藤原啓(ふじわら けい)陶器の価値・買取相場・査定情報

陶器買取は非常に難しい分野であるため、陶器を売るときは注意したほうがいい。骨董品のなかで陶器は高価買取になりやすいアイテムである。だが高額で売れる可能性の高いものは、安易に売ってしまうと損をするリスクも高くなるだろう。陶器であれば慎重に売ったほうがいい。

また、ここで取り上げている藤原啓(ふじわらけい)の陶器を収集しているコレクターは多く存在しており、さらに藤原啓の陶器を買い取っている業者は多いようだ。陶器を売る前にしっかり情報やポイントを押さえておくべき。

そこで、本コラムでは、藤原啓にテーマを絞って、陶器を売る上で知っておくべき情報やポイントを述べていくので参考にしてほしい。

藤原啓について

では、最初にここで取り上げている藤原啓という人物について述べていこう。藤原啓がどのような人物なのかを事前に知っておくほうがいい。藤原啓の陶器の価値を知る上で大事なポイントだ。陶器を売るとき、陶器を作った人物や作家の基礎知識を押さえて、買取に臨んだほうがいいだろう。

藤原啓は日本の陶芸家で、人間国宝にも認定されたほど有名な陶芸家

藤原啓は日本の陶芸家で、人間国宝にも認定されたほど有名な陶芸家である。藤原啓は陶芸家ではあるが、少年期から俳句や小説でその才能を開花させており、文學界においても有名な人物であった。そんな感受性豊かな藤原啓の陶器は、素朴ながらセンスの高い大らかな作品が特徴的で評価も高い。

藤原啓は備前焼で有名な備前市の生まれである。執筆の傍らで文学表現の限界を感じ神経衰弱してしまった藤原啓は、1937年に文学を断念し帰郷する。近隣に住む正宗白鳥の弟で万葉学者の敦夫の勧めで、三村梅景に師事し、備前陶芸の道を歩むことを決める。さらに、陶芸家としても有名な金重陶陽や北大路魯山人らからも指導を受け、陶芸の技術を急激に吸収していった。

藤原啓は陶芸家として桃山古備前の技法を基礎にし、窯の中での自然の変容を生かした近代的な造形を完成させ、独自の陶芸を作陶した。この藤原啓独自の陶器の芸術性が評価され、陶芸家藤原啓の才能は認められることになり、その名を広く知られることになった。今でも、藤原啓の陶器は人気・評価とも高く価値の高い陶器は多数存在する。

藤原啓の陶器売却は慎重に

藤原啓の陶器は上記で述べたように、陶器のなかでも芸術性が高く評価されており価値が高い。また、評価だけではなく人気のある陶芸家でもある。買取市場においても、藤原啓の陶器はコレクターに人気があり、人間国宝にも認定された藤原啓の作品には付加価値がある。

そのため、藤原啓の陶器であれば、高額査定ができる。さらに多くの骨董屋・質屋で藤原啓の陶器は積極的に買い取られてもいる。さらに、藤原啓の陶器を高額査定作家として挙げている業者も多いようだ。

藤原啓ほどの陶芸家となれば、どの作品も価値が高いので、安く売ってしまわないよう慎重に売るようにしよう。

藤原啓の陶器の査定情報

次は、藤原啓の陶器の査定情報について述べていく。藤原啓の陶器は高額査定が期待できるだろう。査定において減額の幅も大きいので事前に査定情報は掴んでおいたほうがいい。

ここでどのようなポイントが陶器の査定で査定額に大きく影響してくるのか、査定情報に関してのポイントを述べていくので、この機会に押さえておこう。事前に査定ポイントを把握しておくことで、査定での減額を減らすことができるので重要なポイントになる。

陶器の買取ではだれが作った作品なのかが査定額に影響する

陶器の査定で最も査定額に影響するのは、誰の作品かという点だ。陶器買取では、どの作者が創作した陶器なのかが、非常に重要なポイントになるのである。基本的に骨董品の鑑定では、いつの時代に描かれているものなのかという点と、誰が創作した作品なのかで大半の価値は決まると言われている。これらのポイントを踏まえて売れる金額も大きく変わるのである。

また、陶器はコレクター向けの市場になっているため、人気のある作家や人物の作品は需要が高い。人気・有名な作者や人物の作品は高額査定になる傾向にある。

上記で述べたように、藤原啓は国内で有名な陶芸家であるため、評価・人気ともに高い。藤原啓の作品は高額査定となる可能性は非常に高いと言える。この藤原啓の陶器を売る場合は、買い叩かれることのないようにしよう。

状態では厳しく査定されるので注意しよう

陶器の査定で重要なポイントになるのが状態の良さだ。陶器のような骨董品は、状態の良さが作品の価値に直結するようだ。非常に厳しく査定されるので保管状態には気を配っておこう。陶器は鑑賞用の骨董品として価値が高いので、作品の価値を大きく損なう状態は、価値が大幅に下がるので注意しておこう。また、状態が酷い場合には大きな減額だけでなく、買取不可になることある。

そうならないように、陶器の保管状態には気を配っておこう。陶器の手入れやメンテナンスを欠かさず、良い状態を保てるよう方法で保管し、陶器の状態を悪くしないように心がけよう。

では、ここで悪い状態とはどんな状態について述べていいこう。陶器の悪い状態は、汚れ、ヒビ、キズ、デザインの擦れ、欠け、割れなど。これらの状態は間違いなく大きな減額になる。とにかく、このような状態には厳しいので細心の注意を払っておこう。

鑑定書や保証書の扱いにも気を配るべき

陶器の鑑定書保証書にも価値がある。鑑定書や保証書も査定額に影響するので押さえておこう。鑑定書や保証書があるのであれば、忘れずに持参して一緒に売るほうがいい。勝手な判断で処分してしまわないよう注意すべきだ。陶器の査定では、鑑定書や保証書は、多くの業者でプラス査定となる。 それだけ骨董品の鑑定は難しく、鑑定士によっても鑑定が違い価値や売れる金額は変わる。そのため、鑑定書や保証書には価値がある。

また陶器の場合、市場に偽物や模倣品が多いので鑑定書や保証書は重要なポイントになる。鑑定書や保証書が出せる鑑定士の鑑定書や保証書などは非常に信頼が高いようだ。このように鑑定書や保証書には一定の価値があるので押さえておこう。そして、鑑定書や保証書を一緒に売ることで、査定額は上乗せになることも多い。

付属品にも一定の価値があるので一緒に売るべき

そして、陶器の査定では付属品も査定額に影響するポイントになる。陶器を入れる木箱や作家の書物などの付属品には価値があるので、そのような付属品も陶器と一緒に売るようにしたほうがいい。これらの付属品も鑑定書や保証書と同様に、査定額は上乗せになることが多い。この付属品も忘れずに付属品も一緒に売るようにしよう。

なかでも、共箱と言われる作家の本名のサインや印がある桐箱は非常に価値が高いので共箱を必ずセットで売るようにしよう。

藤原啓の陶器の買取相場

最後に、藤原啓の陶器がどれくらいの金額で売れるかを述べる。

陶器を高く売りたいのなら、買取相場は把握しておいたほうがいい。買取相場を把握しておくことは、買取における基本的なポイントでもある。売る前に買取相場をしっかり把握してから、陶器を売るようにしたほうが損をせず売ることができるだろう。

陶器の相場は明確にはわからない

ここで取り上げている、藤原啓の陶器がどれくらいの金額で売れるものなのかを述べていく。だが藤原啓の陶器買取相場は調べてみても、買取相場は掴めなかった。

多くの業者で実績や金額を公開していないのである。そのため、現物を査定へ出してみないと買取額はわからないだろう。基本的に骨董品の多くは明確な相場が掴めない。なので慎重に売るべきだ。

藤原啓の陶器を売る場合は、必ずいくつかの買取業者で見積もりを出してもらってから売るようにしよう。そして各業者で提示された査定額を比較検討し、納得のいく金額を提示してくれた業者で売るのがいい。この方法であれば安定した金額で陶器を売ることができる。

藤原啓の陶器は数十万〜数百万円を目安に

上記で藤原啓の陶器は明確な相場がわからないと述べた。しかし、藤原啓の作品は非常に評価・人気も高く高額査定になりやすいことは間違いない。

では、どれくらいで藤原啓の陶器は売れるのだろうか。陶器の買取において有名作家・人物の作品は、数十万〜数百万円で売れることが多いようだ。

  • 松井康成 大壺…800,000円
  • 加藤唐九郎 志野茶碗…1,200,000円
  • 13代酒井田柿右衛門 濁手花瓶…650,000円
  • 藤田喬平…600,000円
  • 島岡達三 皿…400,000円
  • 藤本能道 花瓶…250,000円

上記がある陶器買取サイトの実績の一例である。この例をからみると陶取の高額査定は数十万〜数百万円で売れやすいようだ。その査定額のなかで数十万円代は非常に多い。

本コラムで取り上げている藤原啓の陶器は数十万円〜数百万円で売れる可能性が高いと言えるほど価値は高いので、この金額を目安に売るといいだろう。

まとめ

本コラムでは、藤原啓の陶器の買取相場・査定情報をテーマに、陶器を売るときの基本的なポイントや情報を紹介してきた。陶器のような骨董価値の高いものを売るときは慎重に売ったほうがいい。骨董品の多くは非常に相場が掴みにくいので、リサーチは徹底しよう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「藤原啓(ふじわら けい)陶器の価値・買取相場・査定情報」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから