金券・商品券・株主優待券をあと5パーセント高額買取してもらうためのポイント

アクセスチケットや甲南チケット、大黒屋といった有名な金券ショップは、図書券や商品券、グルメ券などの金券を購入するだけの場所ではなく買取をしてもらうといった利用法もある。とはいえ、初めて金券を買取して貰う際にどのくらいの買取還元率なのか、どうすれば高く売れるのかなどわからないもの。このコラムでは買取で金券ショップを利用する場合の注意点やポイントについてお伝えしよう。


Gift Cards / 401(K) 2013

人気の商品券の買取はレートをしっかりと比較する

商品券は、お中元やお歳暮、キャッシュバック、景品などとして受け取ることがある。しかし、すぐに利用する機会があるわけでもなかったりする。そのような場合は金券をいつでも使えるように現金に交換しておきたいところだ。そんな時、金券買取サービスを検討することになる。金券ショップへ行く、またはネット買取をする場合であっても必ず買取レートは決まっている

買取レートはほぼ下回る

買取レートは100%を割ることが多く、例えば97%だとすると、1,000円の商品券を970円で買い取ってもらうことになる。額面以上で売れるということは無いと考えたほうが良い。例えば、その商品券を980円で買ってもいいという人が現れればその人は1,000円分の商品券を使えるのでメリットがあり、他方買取業者にとっても買取値以上の価格で売れるため利益が出ることになる。

買取りレートは商品券の種類や金券ショップによっても違う

レートは商品券の種類や金券ショップによって違い、基本的にはその金券がどれだけ人気なのか、言い換えれば流動性が高いかどうかが分かれ目のポイントである。とはいえ、だいたいは同じような買取レートの水準に落ち着くので、全体的にレートより高い金券ショップに買い取ってもらえばいいだろう。ある金券の買取レートが高いチケット屋は他の金券も高く買い取りしてくれる場合が多い。チケットによって得意不得意が出るというケースはやや少なそうだと言える。ライブのチケットなどは少し例外的であり、取扱いの無いお店も多い

利用機会のない金券はレートが低くても換金するべき


図書カード春の新作 / miki7500

デパートの商品券なら買い物で使用することも多いと思うが、あまり利用しないような商品券を手に入れてしまった場合もある。例えば、図書カードやCDギフト券は全く利用しないという人もいる。使用する場所が限られている金券は別の誰かに利用してもらったほうがいい。下手に根気よく持ち続けるのでなく適切な売り時で売るようにしよう。

有効期限がある金券は早急に売る

案外、いざ使ってみて元を取ろうなどと考えているとあまり欲しくないものを買ってしまうし、得てしてそういう場合は欲しいものがドンピシャで売られていなかったりするものである。特に有効期限があるような金券の場合は買取レートが低くなる。早く換金することで価値がゼロになるのを防ぐことができる。

ネット業者や宅配買取など買取業者はいろいろ

金券ショップは店舗だけでなくネットや宅配買取サービスもあり遠方でも買取してくれる。ネットであればより高く買い取ってくれる業者をじっくりと選ぶことができるわけだ。リアル店舗をいくつか回るのは相当骨の折れる仕事だし、密集している地域なんて東京では新宿や池袋、渋谷といった中心街に限られる。また、アマゾンギフト券なども多くの人が手にして使っていることもあり、多くの買取サービスが立ち上げられ専門買取業者の高額査定がつくようになっている。

これは凄い!Amazonギフト券を一割引で買うなら金券売買サイトのギフティッシュこのコラムをチェックする

株主優待を金券ショップで買取してもらう

株式投資を行っている人は決算期ごとに、配当金や株主優待でお金や商品、金券をもらうことがある。株主優待券でも買取ができるものとできないものがあるようだ。株主優待の種類と買取価格が公式ウェブサイト上に別々できちんと掲載されている金券ショップを選ぶといいだろう。

株主優待は使用期限の3ヵ月前までに売る

株主優待の買取で注意することは使用期限があるものがほとんどだということ。その場合、できれば3か月前には売り払っておきたい。上記とも重なる話であるが、売り時を逃さないこと、これに尽きる。

交通機関、テーマパークは休暇前に売る

鉄道や航空系、テーマパークは休暇前に買取してもらうといいだろう。使わない商品券や食事券は買取レートを考えてよりレートの高い金券で受け取る手配をし、株主優待が送られてきた後早々と買い取ってもらうのがいいだろう。金券は貯めて持っていてもあまりメリットは生まれない。ササッと売ってしまおう。

おたからやでは株主優待券も扱っている

おたからや
3.18
(269件の評価)
ココで売る!
今が売りどき!

ブランド品や金券の買取を行っているおたからやでは、株主優待券の買取も可能だ。有効期限残が少ない物については買取りが難しい場合もあるが、基本的には1か月以上有効期限が残っていれば買い取ってくれるようだ。株主優待券は有効期限残が3か月以上ないとなかなか取扱してくれない業者が多いが、おたからやであれば駆け込み買取にも柔軟に対応してくれそうだ。

とはいえ、早めに買取してもらう方が高額買取になるのは確実なので、使う予定のなさそうな優待券があるなら早急に売ることをオススメする。

まとめ

今回は金券ショップで買い取ってもらう際のポイントや注意点についてまとめた。人気の商品券は買取レートに気を使い、利用しない金券はレートが低くても早々と買い取ってもらうほうがいいだろう。株主優待も、利用しないならもらった後すぐに買取してもらえば無駄になることはない。amazonなど電子ギフトを売るならGiftissue ギフティッシュ といった個人売買サイトもおすすめだ。個人売買サイトであれば中抜きされることが無く、非常に高い価格で売れる可能性が高い。もちろん買い手がつくまで待たなければいけない面倒さはあるものの、定価に近い値段で売れるに越したことは無い。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「金券・商品券・株主優待券をあと5パーセント高額買取してもらうためのポイント」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから