2万円以下の価格?!話題のGoProでおすすめのモデルまとめ。初心者からこだわり派まで。

今や、旅・レジャーの必需品ともなっている「GoPro」。持っていなくとも、名前を聞いたことがある人は多いのではないだろうか。そこで今回は、今更聞けないGoProの正体について解説し、初心者やこだわり派にそれぞれオススメのモデルを紹介したい。価格帯や搭載スペックを比較しながら、自分の目的に合ったGoProを見つけよう。


GoPro HERO3 / superidoljp

話題のGoProって何?

GoProとはスポーツの動画撮影に非常に長けている、小型デジタルビデオカメラのことだ。“アクションカム“や“ウェアラブルカメラ”と呼ばれることもある。コンパクトで設置も簡単なため、自転車やクライミングを楽しむ時にももちろん使用可能だ。

防水ケースも付いているので、GoProを付けてサーフィンやダイビングもできる。臨場感のある陸上映像から、美しい海中映像まで幅広く撮影可能なことが人気の秘密と言っていいだろう。以下のような動画を撮影できる。

初心者にオススメしたいGoProモデル

GoProには様々なバージョンがあり、それぞれ搭載スペックが異なる。まずは初心者にオススメしたい「GoPro HERO」と「GoPro HERO3 ホワイトエディション」について紹介しよう。

GoPro HERO

GoProシリーズの中では一番安価なので、amazon等を利用すれば2万円以下で購入できる。フルハイビジョンの高画質動画を撮影することができ、静止画も500万画素とハイスペックだ。もちろん防水機能もついているため、初心者には一番手を伸ばしやすいモデルと言えるだろう。

GoPro HERO3 ホワイトエディション

「GoPro HERO3」には、ホワイトエディションの他にもシルバーエディションやブラックエディションが存在する。ホワイトエディションはその中でも一番安価で、3万円以下で購入が可能なので初心者にも手が伸ばしやすい。「GoPro HERO」よりもコンパクトかつ軽量で、Wi-Fi機能を使ったリモーツコントロールもできる。「GoPro APP」と連動させれば、撮影した写真や動画の再生や共有も簡単だ。

どちらも十分に迫力のある動画・写真を撮影することができるが、やはりGoPro HERO3 ホワイトエディションの方が新しく機能性も高い。アクティブスポーツを楽しむならこちらがオススメだろう。ただし、より安価なのはGoPro HEROだ。まずGoPro HEROを試し、気に入ったら他のモデルを検討するのも良いかもしれない。

こだわり派向け!GoProモデル比較

次に、こだわりのモデル「GoPro HERO3+ シルバーエディション」「GoPro HERO3 ブラックエディション」「GoPro HERO3+ ブラックエディション」「GoPro HERO4 シルバーアドベンチャー」「GoPro HERO4 ブラックアドベンチャー」のスペックを、比較しながら紹介したい。

GoPro HERO3+ シルバーエディション

1080p60の動画撮影が可能になり、防水機能は水深40mまでに対応している。高速Wi-fiが搭載されているため、リモートコントロールやデータの共有も簡単だ。またバッテリー寿命がGoPro HEROに比べ長くなっている。ただし4Kには未対応で、リモコンは付いていない。おおよそ4万円以下で購入が可能となっている。

GoPro HERO3 ブラックエディション

4K、2.7Kの高解像度の映像撮影が可能な商品。動画撮影をしながら、静止画を撮影することもできる。「GoPro HERO3+ シルバーエディション」と違いリモコンが付いているため、サーフィン等のマリンスポーツ時にも楽に操作することができるだろう。風音低減機能も元来のモデルよりパワーアップされているので、音を綺麗に録音することができる。5万円以下で購入が可能だ。

GoPro HERO3+ ブラックエディション

4K動画が撮影可能で、リモコンも付いている商品。高速Wi-fi機能も搭載されており、動画・写真をスムーズに撮影・共有することが可能だ。GoPro HERO3 ブラックエディションに比べるとバーテリー容量が30%多く、フルハイビジョン撮影時のフレムレート数が高い。より鮮明でクオリティの高い撮影を行いたいならば、「GoPro HERO3+ ブラックエディション」がオススメだろう。おおよそ5万円以下で購入が可能だ。

GoPro HERO4 シルバーアドベンチャー

内蔵タッチパネル式のLCDディスプレイが採用されており、GoPro HERO3シリーズに比べるとより操作が簡単。もちろん4Kでの動画撮影が可能で、1200万画素の写真を撮ることもできる。Wi-Fi、Bluetoothに対応しており、内蔵マイクも更にバージョンアップされている点も注目だ。プロさながらの撮影を楽しみたい方には、ぜひこのモデルをオススメしたい。予算の目安としては、6万円程度を考えておこう。

GoPro HERO4 ブラックアドベンチャー

GoPro HERO3シリーズに比べると、フレームレート数は2倍。より鮮明でクオリティの高い撮影が可能になっている。「GoPro HERO4 シルバーアドベンチャー」が4K-15pの動画撮影ができるのに対し、4K-30pの動画撮影が可能だ。プロ顔負けのGoProのスペックを駆使し、ダイナミックな撮影に挑んで欲しい。7万円程度の予算で購入が可能

まとめ

GoProはコンパクトで軽量だが、そのスペックの高さは計り知れない。初心者はGoPro HERO等を試し、こだわり派は価格と相談しながらよりハイスペックな映像撮影を楽しんでみて欲しい。今後発表されるであろう新シリーズにも期待が高まるばかりだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「2万円以下の価格?!話題のGoProでおすすめのモデルまとめ。初心者からこだわり派まで。」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから