カメラの買取価格を比較しよう!

カメラのカテゴリーページです。一眼レフカメラ、デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、レンズ、ウェアラブルカメラ(GoPro)など様々対応しています。カメラのキタムラ、フジヤカメラ、マップカメラなど大手の買取業者がさまざまありますが、一番高く査定してくれる買取業者はどこなのでしょうか。ヤフオクやメルカリで売るのも良いですが、大事な高額カメラを個人間取引で売るのは少し気が引ける方も多いかと思います。カメラやレンズは、きちんと査定基準がわかっている人に査定して貰わないと、正確な取引が出来ないかもしれません。ヒカカク!で買取価格を比較し、相場情報を確認、高額での買取を狙いましょう。

もっと絞り込む

カメラの買取相場

カメラの基本情報

カメラの中古市場は携帯やスマホのシェア拡大に伴い縮小を続けて来ました。今でもカメラの中古に一定の需要量はあり、値段は安定していますが、一般的なデジタルカメラなど、元の定価が低いものは買い叩かれる傾向にあります。デジタル一眼カメラも含め、デジタルカメラ製品は2~3年ほどしか中古価格が安定しません。一方、人気と希少性のあるフィルムカメラは元々の売価より高いプレミア状態になっているものもあります。売りに出す前に機種の型番を確認し、サイトで相場を簡単に調べておくとよいでしょう。そんなカメラの買い取りで他の中古市場と違うのは査定価格が安定しているところです。カメラは成熟しきった市場であるため、他の家電などと比べて安定的な相場が出来上がる状態にあります。どんなタイプのカメラも持ち込まれ、買取され、それがまた売れるということが多いので、どこで買い取りをしてもらっても割合としてそれほど値段が変わらないでしょう。それは一般的なリサイクルショップだけでなく、ネットの買い取りでも同じことが言えるかもしれません。ネットでの買い取りでは状態を申告し、実際に郵便で送ることで詳細な査定が行われます。しかし、自己申告の状態の価格からほとんど変わることがないと言われています。中には定額買取サービスを提供している買取業者もあるほどです。このことから、まずはネットで相場を確認し、実際の店舗に持っていき査定してもらうのが一番利口なやり方となるでしょう。普段から中古に物を出さないという人は実践してほしいものです。補足ですが、先ほど査定価格が安定していると書きました。これは同じ状態の商品を買い取りに出した場合です。できることなら、メンテナンスをしてから買取査定に出すほうが高価買取価格を期待できます。特に注目して欲しいのはレンズ部分です。カメラの機能の中で最も重要な部分であるレンズの状態によって値段が大きく変わってきます。時間がなくてもレンズだけは汚れていないか、キズはついてないかなどを確認してみましょう。要約すると、カメラの中古買取で重要な事は3点あります。デジタルは高価買取の期間が短い・ネットショップでも買い取り価格がほぼ同じ・査定前のメンテナンスが大事ということです。ここヒカカク!はネット買取専門店を多数掲載しているので最高買取価格だけでなく、相場もわかりやすくなっています。是非カメラを売る際には参考にしてほしいと思います。