フィルムカメラの買取価格を比較しよう!

フィルムカメラの買取価格比較ページです。フィルムカメラのファンは非常にこだわりが強く、撮れた写真の美しさだけでなく、シャッター音の響きにまで気を使います。デジタル化したこのご時世でフィルムカメラを買うのも良いですよね。カメラのキタムラをはじめ、フジヤカメラや三宝カメラなど様々なフィルムカメラ買取業者が現れています。フィルムカメラ専門の宅配買取業者なども最近はありますので試してみるのも良いでしょう。ちなみに、買取王子や買取大臣などの総合買取サービスでもカメラは必ず買取品目に入っているので、手間暇を減らしたい人にとっては良いかもしれません。

もっと絞り込む

フィルムカメラの買取相場

フィルムカメラの基本情報

高く売れるフイルムカメラは大きくわけて三種類あります。ハーフサイズフィルムコンパクトカメラ、レンジファインダーカメラ、そしてドイツやフランスなどの戦前の中盤蛇腹カメラでしょう。戦前の中盤の蛇腹カメラは特に高く売れます。さらに特定のメーカーで現在製造されていないフイルムカメラは非常に価値が高いので、高い金額で買い取られます。たとえばスーパーイコンタ、コダックのベストポケット、コニカパールはⅡⅢを含めて価格が高騰しています。続いてハーフサイズフイルムコンパクトカメラは高く売れます。海外では種類が少ない商品ですが、日本ではフイルムが高価だった時代によく売れました。人気シリーズはオリンパスPEN Wです。ボディがブラックなカメラは当時はめずらしかったので、現在でも非常に希少価値あり高く買い取られます。またレンジファインダーも高く買い取られます。特に高値がつきやすいのが戦前のニコン製のもの。また富士フイルムのプロユースの中型カメラは機種によっては年々値上がりしてきています。高く買い取ってもらえるものの特徴をまとめると廃盤製品は希少価値が高まり高く買い取ってもらえる傾向にあるので売り時と言えるでしょう。