ポータブルゲーム機ソフトの買取価格を比較しよう!

ポータブルゲーム機ソフトのカテゴリーです。ポータブルゲーム機はいつでもどこでもゲームを楽しむことができて便利です。スマホゲームでは満足できませんよね。ゲームをクリアした後は、ゲームソフトが不要になります。可能な限り早めに売るように気をつけましょう。

もっと絞り込む

ポータブルゲーム機ソフトの買取相場

ポータブルゲーム機ソフトの基本情報

ポータブルゲーム機とは、電池や内蔵するバッテリーなどにより動作する外に持ち運び可能な小型のゲーム機を指します。室内で遊ぶ据え置き型のゲーム機とは違い、ポータブルゲーム機は液晶などの小型ディスプレイを内蔵し、据え置き型のゲーム機のようにテレビやディスプレイを用意する必要はなく、どこでも遊ぶことが出来るのが特徴です。古くは、任天堂のゲームウォッチなど、液晶の表示やLEDの点滅などによる簡単なアクションが楽しめるポータブルゲーム機がありましたが、1つのゲーム機によりプレイできるゲームの種類は限られていました。しかし、1989年に任天堂が発売した「ゲームボーイ」は、任天堂が発売し世界的ヒットをとばしていた、据え置き機の「ファミリーコンピューター」と同じくゲームの種類ごとにカセットを用意する方式を採用したため、1つのゲーム機では限られたゲームしかできないというこれまでのポータブルゲーム機の概念を覆し、ポータブルゲーム機の市場は急拡大しました。その後、任天堂は、「ゲームボーイアドバンス」、「ニンテンドーDS」、「ニンテンドー3DS」を発売し、ポータブルゲーム機市場を引っ張り続け、「テトリス」や「ポケットモンスター」など大ヒットしたソフトも生まれました。また、ライバルのセガやソニーも、「ゲームギア」や「PlayStation Portable」、「PlayStation Vita」などを発売し、任天堂に対抗しました。停滞している据え置き機をしり目に快進撃を続けてきたポータブルゲーム機ですが、近年、スマートフォンの隆盛により、ポータブルゲーム機の勢いにも陰りを見せ始めました。ソフトメーカーは、開発コストが高いポータブルゲーム機向けゲームよりも、開発コストが安いコストスマートフォン向けのソーシャルゲームの開発に力を入れ、ポータブルゲーム機のソフトの発売数は減少傾向にあり、また、市場規模としてもポータブルゲーム機は、「妖怪ウオッチ」など大ヒット作はあるものの、減少しつつあります。