ユーティリティーの買取価格を比較しよう!

ゴルフクラブの買い取り額は、年式などによってまちまちですが、年式が最新モデルですとドライバーの買い取り額は、銘柄がテーラーメイド、ダンロップのクラブは、程度が上質であれば平均上限4万円と高価格の買い取り額です。フェアウェイウッドの買い取り額は、ダンロップの2万5千円を上限にキャロウェイ、タイトリスト、ブリヂストンが2万円前後の価格を打ち出しています。ユーティリティ—の買い取り額は、ダンロップが1万7千円前後、次がキャロウェイ、テーラーメイド、タイトリストが1万4千円前後の買い取り額が出ています。新しいゴルフクラブを購入したので、今までのものを物置に閉まっておこうと思わず、早めにクラブを売ることをおすすめします。なぜなら、新しいモデルのクラブが次々と発売されますし、その都度ゴルフクラブの価値は下がっていくからです。基本的には、程度さえ良ければ新しければ新しい程、高く買い取ってくれますので、型が古くなる前に査定に出すことをおすすめします。

ユーティリティーの買取相場

ユーティリティーの基本情報

プレー後、ゴルフクラブをキャディバッグに入れたまま保管していませんか。クラブを湿気、サビなどから守るため、プレー後は手入れするようにしましょう。方法は、まずクラブヘッドに付着した砂や泥などを大まかにブラッシングします。フェースの溝は使い古した歯ブラシを使用すると便利です。溝に詰まった砂なども綺麗に掻き出してくれます。次に、乾いた布で細かな汚れや水分を拭き取って下さい。その後、クリーナーやスプレーなどをムラなく塗り、仕上げに乾いたきれいな布で磨くのがいいでしょう。シャフトやグリップについても、乾いた布でホコリや泥などの汚れを拭き取ります。雨の日のプレー後は陰干しでしっかりと乾かしてから手入れをしたほうが良いです。水分が残っているとサビの原因になります。手入れ後は、高温、多湿、直射日光を避けて保管しましょう。なお、シャフトやヘッドのひび、グリップのゆるみなど、異常に気づいた場合は、そのまま使用したり自分で修理しようとしたりせず、販売店に相談しましょう。自分での修理は、メーカー保証の対象外になることがあるだけでなく、ケガなど安全上の問題にもつながります。