スマホ・携帯・白ロムの買取価格を比較しよう!

スマホ(スマートフォン)の買取相場を比較しましょう。iPhoneをはじめ、Android端末もたくさんのシリーズが各メーカーから発売されています。例えば、XperiaはSONY社の人気スマートフォン。またGoogleのNexus、SAMSUNGのGalaxyなど海外製のスマートフォンは日本でも人気です。MVNO・格安スマホが普及するにつれて、SIMフリーの携帯端末にも人気が出始めています。スマホ買取業者はiPhoneを中心に、秋葉原や新宿、池袋などで非常に増えています。ゲオやブックオフをはじめとしたゲームや古本買取業者も参入し始めています。その中で一番高く売れるお店はどこなのか、気になりませんか。ヒカカク!で買取価格を比較し、相場情報を確認、高額買取を目指しましょう。

もっと絞り込む

スマホ・携帯・白ロムの買取相場

スマホ・携帯・白ロムの基本情報

スマホとはスマートフォンの略称であり、タブレットと共にスマートデバイスの括りとなります。Apple(アップル)社の発売したiPhone(アイフォーン)という革命的携帯電話の登場によって、急速に世の中に受け入れられたデジタルデバイスだと言えるでしょう。一般的には、携帯電話機能やインターネット通信、メール、カメラなどの多機能を備えた携帯端末の事をスマートフォンと定義しています。タッチパネルを採用しており、大画面であるというのも暗黙の前提となります。スマートフォンに近い概念で言えば、PDA(ピー・ディー・エー)という高機能携帯端末がiPhone発売前から概念としては存在していました。iPhone以外にも、AndroidというGoogle(グーグル)製のオープンソースOSを備えたスマートフォンが世界中で販売されています。Google自身もNexusというブランドを発売しており、その他Samsung(サムスン)のGALAXY、SONY(ソニー)のXperiaなどのスマートフォンブランドがiPhoneとシェアを争っています。スマートフォンの進化スピードは昨今落ち気味であると言われており、徐々に各メーカーはスマートウォッチを中心とするウェアラブルデバイスの開発も進め始めています。一方、スマートフォンがより大画面化し、ファブレット化するという現象も見られています。これはAppleが2014年に発売したiPhone6、iPhone6 Plusで顕著に見られる変化です。ファブレットとはスマートフォンとタブレットの中間に位置する概念であり、スマートフォンとタブレットの境界線がより曖昧になっていくこととなりました。スマホの査定基準としては、画面が割れていないか、傷ついていないか、本体に傷が無いか、電源・ホームボタンが故障していないかといった点が挙げられます。新品としての買取か、中古品としての買取かといった分かれ目となり、高い買取相場となるか変わって来るのです。分割支払い中のスマホでも多少減額されながらも買取して貰えますから、買い替えたい場合には躊躇せず査定見積りしてみましょう。MVNOとの相性も良いので、docomoのスマートフォンは高く売れる傾向にあります。