iPhone(スマホ)の買取価格を比較しよう!

iPhoneの最新買取相場を徹底比較して売りましょう。Apple製品であるiPhone全般を取り扱います。iPhone6 Plus、iPhone6、iPhone5Sをはじめとした人気シリーズが存在し、発売後もずっと高い買取相場で推移しています。iPhone5やiPhone4Sといった旧シリーズでも未だ1万円~2万円で査定されることがあるようです。ソフマップやゲオといった大手の買取業者よりも高く買い取りしてくれる専門のiPhone買取業者も多数です。買取価格を比較し、相場情報を確認、高額買取を目指しましょう。秋葉原、新宿・新大久保、池袋といった地域には高額買取で有名な携帯買取業者が集まっているので、査定して貰いにショップを回るのも手です。詳しくはiPhone買取価格相場比較を確認してください。

もっと絞り込む

iPhone(スマホ)の買取相場

iPhone(スマホ)の基本情報

iPhone(アイフォーン)はアップル社のスティーブジョブズがデザイン・開発したスマートフォンです。2007年1月にはじめて発売され、日本でもiPhone3G以降iPhone6/6Plusへと各世代のモデルが販売されております。スマートフォンと言う概念それ自体世の中で受け入れられたのもiPhoneが最初でしょう。同社の携帯音楽プレイヤーであったiPod、携帯電話、インターネットやメールが可能な電子端末。これら3つの要素を掛け合わせることでiPhoneは完成しました。タッチスクリーン(タッチパネル)においてマルチタッチを実現しており、大きな画面に手で触れることで操作する快適さは革新的でした。容量は4GBと8GBではじまったiPhoneですが、現在、32GB、64GB、128GBなどと大容量化しています。日本では、3G対応のiPhoneがSoftBankの目玉商品としてまず発売され、元々MacBookを愛用するようなApple信者を中心に広がりました。その後、iPhone4Sからauも発売を開始し、iPhone5C/iPhone5Sの発売からdocomoも取り扱い始めています。中でもiPhone5Cはポリカーボネートを採用し、カラフルな背面を備えています。ブルー、グリーン、イエロー、ピンク、ホワイトの5色はポップな印象です。他方、iPhone5Sは類を見ない人気商品となりました。高級感の漂う金属製のフォルムもその要因の一つですが、iPhone6/6 Plusにおいて画面が更に拡大し、ファブレット化してしまった点も要因の一つでしょう。手にフィットする手ごろなサイズ感を維持していたのがiPhone5Sまでだったのです。新シリーズの発売後も根強く使われていることからもわかる通りです。iPhoneの買取相場は他のXperiaやNexusといったシリーズのスマートフォンを凌駕し、高額査定をはじき出す人気商品として知られています。新商品発売時にはこぞって買い占める人が出現し、オークションでの転売も盛んです。定価以上の落札価格で売れてしまいます。他方、ソフマップやブックオフ、ゲオといった買取の店舗でも必ずiPhoneは高く売れるようです。iPhone5Sの中古買取相場は高い水準で推移しており、特にdocomoについてはMVNOでの利用もできるため人気の白ロムとなっています。また、auのiPhoneについても一部MVNOで使えるため少しずつ人気が出始めていると言えます。iPhoneは人気商品のため、液晶画面(ガラス)割れ、起動不能、水没といった故障状態でもジャンク品として高く売ることができます。東京、大阪(なんば、梅田、京橋、心斎橋、新大阪、日本橋、天王寺)、北海道(札幌)、愛知(名古屋)、福岡(天神、博多、北九州)だけでなく地方も宅配買取を利用すれば多くの買取業者を利用することができます。買取価格を比較することで、一番高く売れるお店をヒカカク!で探しましょう。