iPhone3Gの買取価格を比較しよう!

iPhone3Gのカテゴリーページです。Appleが設計・販売しているスマートフォンであり、iPhoneの第2世代機です。日本ではこのあたりからiPhoneが認識され始めたと言えるでしょう。auとソフトバンクが取扱いしました。現在の買取価格はかなり低い状態にありますが、タンスにしまっておくだけなら、売りに出して、嬉しい臨時収入にしてしまうのも手ですね。買取価格を比較し、高価格買取を狙いましょう。

iPhone3Gの買取相場

iPhone3Gの基本情報

iPhone3G(アイフォーンスリージ―)は、2008年7月11日に発売されたiPhoneとしては、iPhoneに続く第2世代の機種となります。初代iPhoneは、クワッドバンドGSM端末で、GSMに対応していない日本では発売されませんでしたが、iPhone3Gは、W-CDMAに対応したことから、W-CDMA網を構築していた日本のソフトバンクから発売されました。その結果、日本国内で爆発的に売れて、ソフトバンクは、これまで太刀打ちできなかった、Docomo、auとの差を一気に詰める事に成功しました。iPhone 3Gは、初代iPhoneであった4GBモデルはなくなり、8GBおよび16GBモデルのみとなり、8GBモデルの本体カラーは黒のみ、16Gモデルの本体カラーは、白と黒が選択できました。 ハード面では、初代iPhoneから大きな変更はありません。CPUは、サムスン電子製32-bit RISC ARM11 620MHzプロセッサー(412MHzまでアンダークロック)、メモリは128MBのeDRAM、ディスプレイは3.5インチ、解像度 320×480-ピクセルのLCD、カメラは2.0メガピクセルカメラ、バッテリー1150 mAhとここまでは初代iPhoneと一緒です。しかし、GPSを搭載するなど、新たな技術がiPhone3Gに追加されました。 ソフトウェアでは、iPhone OS 2.0を搭載し、サードパーティ製アプリを検索しダウンロードできるApp Storeが搭載されました。これまでは、サードパーティ製アプリを導入するには、iPhoneを改造する必要がありましたが、App Storeの導入によりアップルの審査をクリアしたサードパーティ製アプリを導入することが可能になり、以降iPhone向けアプリの市場が急速に拡大しました。ほかには、クラウドを通して、複数端末のデータを同様の状態にすることができるMobileMeが搭載されました。