iPhone4Sの買取価格を比較しよう!

iPhone4Sのカテゴリーページです。音声認識ガイダンスのSiriが導入され、話題になりました。かなり買取相場は下がってきたので、売り時は過ぎてしまったかもしれませんが、あきらめずにいくつかの買取業者に査定申込することが大事です。高額買取して貰うのであれば、化粧箱や充電ケーブルといった付属品が無いとダメだと思っている人もいるようですが、意外と関係なく査定してくれることが多いです。店頭買取だけでなく、忙しい人は宅配買取も検討してみると良いかもしれません。白ロムのiPhone4SはSIMフリーでも買いやすい値段なので、MVNO(格安SIM)と相性が良いようです。査定額を比較し、最高買取価格での買取を目指しましょう。

もっと絞り込む

iPhone4Sの買取相場

iPhone4Sの基本情報

iPhone 4S(アイフォーン フォーエス)は、2011年10月14日に発売された第五世代のiPhoneです。ストレージは、iPhone4と同じ、16GBモデル、32GBモデルの他、iPhoneとしては初の64GBモデルが発売されました。外見は、iPhone4からほとんど変更はなく、ディプレイもiPhone4と同じく3.5インチとなっています。 ハードウェアは、デュアルコアとなるApple A5チップを搭載し、iPhone4に搭載されているシングルコアのApple A4から性能が大幅に向上しています。背面カメラは、8メガピクセルとiPhone4の5メガピクセルから性能が向上し、動画撮影は、iPhoneとしては初となる1080pに対応しました。iPhone4において、左手で持つとアンテナがふさがり電波の受信感度が悪化するという問題がありましたが、iPhone 4Sでは、側面全体を包み込む独自のステンレス鋼バンドに2つのアンテナを組み込み、それらをスイッチングすることにより常に良好な状態で通信することを可能にしました。 ソフトウェアは、iOS5.0を搭載しました。iOS5.0の大きな特徴として、Siriと呼ばれる自動音声コントロール機能が搭載されており、ユーザーの音声を解析して、それに対応するように動作します。iPhone4Sの”S”は、“Siri”の”S”で、iPhone4Sの目玉機能となります。当初は、英語にのみ対応していましたが、iOS5.1.1から日本語にも対応しました。また、iCoudと呼ばれるクラウドストレージサービスにも対応しました。