iPhone6の買取価格を比較しよう!

iPhone6のカテゴリーページです。2014年9月に日本でiPhone6 Plusと同時に発売された人気のシリーズです。ディスプレイが大型になりつつもiPhone6 Plusほど大きくないので、女性にとって使いやすい携帯端末となっています。画面が割れていても数万円で査定して貰えるこの端末は売り時を見計らって、お小遣いの足しにするべく買取業者に査定申込するのも良いかもしれません。iPhone6の買取業者はソフマップやゲオ、じゃんぱらといった大手だけでなく、池袋や渋谷、新宿、秋葉原といった地にある中小規模な業者もあります。大手ほど駅近に店舗を持っているため、買取価格は少し低くなったりしますが、やはりラクに店頭で売れるというメリットがあるでしょぅ。他方、コストをかけていない小さな携帯買取ショップでは高く買い取りしてくれる傾向にあります。また、ヤフー買取や買取王子など宅配買取サービスも検討してみるべきでしょう。ヒカカク!で買取価格を比較し、相場情報を確認、高価格買取を目指しましょう。

もっと絞り込む

iPhone6の買取相場

iPhone6の基本情報

iPhone6(アイフォンシックス)はApple社から2014年9月18日に発売されたスマートフォンです。同日には、より大型液晶ディスプレイを備えたiPhone6 Plus(アイフォンシックスプラス)が発売されました。iPhone6はiPhone5S、iPhone5Cなどに次ぐ機種であり、第8世代目にあたります。アルミニウムとガラスと使い、洗練されたデザインとなっております。歴代iPhoneの中でもスタイリッシュさを極めていると言えるでしょう。液晶画面は4.7インチ(1334 x 750ピクセル・326ppi)となっており、iPhone5Sなどに比べ大型化しました。Retina HDディスプレイを採用し、鮮明な画質で写真や映像を楽しむことができます。取り付けられたカメラのiSightは、センサーサイズやF値での進化が見られませんでしたが、新開発されたFocus Pixelsにより、オートフォーカス性能が向上したのです。よって以前よりも美しく、その瞬間を可能な限り切り取ることが可能な「本格的カメラ」となったのです。他方、セキュリティ面での新機能も見逃せません。iPhone6では指紋認証システムを導入しており、ロック解除やパスワード保護されたiTunesやAppStoreでの買い物はTouchIDで行います。次に携帯電話・スマートフォンにおいて最重要とも言える通信LTEの通信速度について説明しましょう。最大150Mbpsへと変貌を遂げたこの製品ではサクサクとインターネットを楽しむことができ、データ通信をしながらのアプリケーションを展開することが可能です。シリーズのラインナップには大容量の128GBモデルが初めて登場しました。従来存在した32GBは廃止されたため、16GB、64GB、128GBと3モデルから選ぶことができます。本体カラーはiPhone 5Sと同じく、スペースグレイ、ゴールド、シルバーの3色が販売されていますが、中でもゴールドの人気が高いようです。