iPad miniの買取価格を比較しよう!

iPad miniのカテゴリーページです。Apple製のiPadシリーズの一つです。iPadシリーズにはiPad Air、iPad mini、iPadの大きく三つの種類があり、そのうちの小型モデルがminiとなっています。第一世代、第二世代(iPad mini Retinaディスプレイ)という当初の区分が取り払われ、現在ではiPad mini、iPad mini2、iPad mini3…という区分になっています。iPadに比べると手に持ちやすく、より手軽なタブレットとしての使い道が考えられます。最近話題のファブレットと若干食い合う商品とも言えます。買ったけれど要らなった、買い替えて要らなくなった場合には、ソフマップやゲオだけでなくたくさんの買取サービスを比較しましょう。そうすることで、買取価格を比較し、より高く売ることができるようになります。

もっと絞り込む

iPad miniの買取相場

iPad miniの基本情報

iPad mini(アイパッド ミニ)シリーズは、アップルコンピュータが開発したタブレット端末となります。ディスプレイのサイズは、7.9インチと、iPadの9.7インチより小さく、iPhone6plusの5.5インチより大きいという、スマートフォン以上、タブレット以下のサイズとなっています。 アップルコンピュータの創業者で、iPhone開発を主導してきたスティーブ・ジョブズは、2011年10月18日のアップルの決算発表で、「7インチは中途半端だ。スマートフォンと戦うには大きすぎるし、iPadと戦うには小さすぎる。7インチタブレットはDOA(Dead on Arrival 、最初から失敗)だ」とiPad miniの存在自体を否定していましたが、その後、幹部の説得によりiPad miniのような7インチタブレットに理解を示し、そして、iPad miniシリーズが誕生しました。 iPad miniシリーズは、現在、第3世代のiPad mini3まで発売されていますが、スペックなどは、第2世代のiPad mini2から大きく変わっておらず、売上も落ちてきていることから、iPad miniシリーズの継続が危ぶまれています。