Windows(タブレット)の買取価格を比較しよう!

Windows(タブレット)のカテゴリーページです。Microsoft社のSurfaceシリーズが含まれます。買い取り価格を比較し、相場情報を確認、最高買取価格での買取を狙いましょう。

もっと絞り込む

Windows(タブレット)の買取相場

Windows(タブレット)の基本情報

Windowsタブレットが本格的誕生したのは、マイクロソフトが、WindowsXPにタブレット操作対応を組みこんだ「Windows XP Tablet PC Edition」(2002)を発表した時でした。それまで、WindowsをPDAに組み込んだ機器はありましたが、タブレット端末としては、Windows XP Tablet PC Editionからとなります。Windows XP Tablet PC Editionは、専用ペンによる入力した対応しておらず、タッチによる入力が可能になったには、Windows Vistaです。そこから、Windowsタブレットの開発が加速しましたが、バッテリーが持たなかったり、価格が高かったりで、一部業務用以外にはあまり普及しませんでした。2010年にアップルコンピュータが、iOS搭載のタブレット端末iPadを発表し、また、Googleもそれに対抗して、Androidをバージョンアップさせ、Androidタブレットを世に送り出したことで、タブレット端末がマルチメディアなど様々な機能が使用できるようになると、一気に普及しました。マイクロソフトが、それらの動きに対抗して開発したのが、2012年に発表したWindows 8です。Windows 8は、タッチ入力をキーボード入力と同等のインターフェースとしたOSとなります。そのWindows 8とARM版のWindows 8であるWindows RTを搭載したマイクロソフトのWindowsタブレットであるSurfaceが発売されましたが、ハードウェア、ソフトウェア双方に様々な問題があり、iPad、Androidタブレット同等のシェアを持つには至っていません。