パソコンの買取価格を比較しよう!

パソコンのカテゴリーページです。Windowsのデスクトップパソコン、ノートパソコン、MacBookシリーズなどが含まれます。パソコン買取と言えば、大阪ならなんばや梅田、東京なら秋葉原に多く存在している印象ですね。じゃんぱら、ジョーシン、PCDEPOT、ソフマップなどが有名です。BTOパソコン(自作パソコン)を売るならドスパラでしょうか。パソコン1台ごとにどの買取業者が高く買い取りしてくれるのかは変わります。業者の評判もチェックしておきましょう。ヒカカク!では実際に売った体験談を確認することができます。買い取り価格を比較し、最高買取価格での買取を狙いましょう。

もっと絞り込む

パソコンの買取相場

パソコンの基本情報

パソコンを新しく買い替えるときに問題となるのが古いパソコンの処分です。そのまま捨ててしまうのでは、リサイクル費用として3000~5000円を徴収されるケースが多くなります。そこで、逆にパソコンを引き取ってもらうことでお金を得られる方法を紹介しましょう。1つ目は下取りです。パソコンを買う際に引き取ってもらうことで割引や次回から使えるクーポン券を手に入れることができます。家電量販店での購入の際にしか適用できないので、「これからはパソコンやタブレットは使いません」という人にはできない方法です。下取りは、ほとんどの店舗で一定の金額の取引となるため、思ったより査定額が低かったということを防ぐことが出来ます。2つ目は買い取りです。早い話が現金化であるが、中古の取り扱いのある店舗を探さなければならないので手間かもしれません。高いスペックのものは比較的高価に取引出来るため、買い取りのほうがオススメです。また、オークションに出品して買ってもらうのも処分方法として挙げられますが、普段からオークションをやってない人にはオークションのシステム自体が複雑ですし、買い取りの専門店に任せたほうが良いでしょう。これらを比較すると、比較的新しめのパソコンは買い取りに、昔からずっと使ってきたり、壊れて使えなくなったりしたパソコンは下取りに出すことがオススメとなるでしょう。新しいか古いかの基準としては、搭載されているWindowsのバージョンが2000やXP、Vistaであれば古いと考えてもらっていいでしょう。その時代のパソコンは現在では需要が少なく、買い取り金額がつかないケースもあるので下取りをするほうが良いと考えられます。逆に、Windowsが7や8以降であれば買い取りの方が高価になることが多いと言えます。だからといって必ずしもそうなるとは限らないので、両方の店舗に伺い、それぞれの金額を調べてからどちらに出すか決定するほうが安心でしょう。