シガレットケースの買取価格を比較しよう!

もっと絞り込む

シガレットケースの買取相場

コンテンツがありません。

シガレットケースの基本情報

シガレットケースとはその名の通りタバコ、特に紙巻きたばこを入れるためのケースです。その起源については定かではありませんが、紙巻タバコの登場が18世紀だと言われていますので、その頃にはあったものと思われます。一般的にシガレットケースは、主に女性向けのものとして認識されているようです。実際紙巻タバコを入れる他にも小銭を入れたり、油取り紙を入れたり、化粧道具を入れたり等と小物入れとして使っている女性も多く、世に知られるファッションブランドからも数多くのシガレットケースが売られています。しかし最近の禁煙文化の流れを受けてか、各社とも大々的な宣伝は控えているのが実情のようです。今回はそのシガレットケースの中から、ヴィヴィアン・ウエストウッドの「モノグラムシガレットケース」を紹介します。ヴィヴィアン・ウエストウッドは日本でもおなじみの、イギリス発祥のファッションブランドで、上質なレザーを使用し、王冠と地球をモチーフにした「オーブ」とスターのモノグラムがあしらわれたケースは、鮮やかな色遣いの中にも優雅さと気品とを備えており、特に女性の間で人気の商品です。価格は1万円ほど、色はレッド、ブラック、マスタード、オレンジの4色があります。