大判・小判の買取価格を比較しよう!

大判・小判のカテゴリーです。大判には天正大判金や慶長笹書大判金、万延大判金、小判には駿河墨書小判や元禄小判、万延小判など様々な種類が存在します。2020年東京オリンピックの開催決定した現在では、小判や大判の需要が増えて買い取り価格が高騰しているので、売り時を見計らって上手に売却しましょう。

大判・小判の買取相場

大判・小判の基本情報

大判や小判は、安土桃山時代以降江戸時代まで発行されていました。ただし、大判・小判といっても、物によって価値はかなり異なります。後期になればなるほど、金の含有量が少なく粗悪であるため、コレクションとしての価値は下がる傾向にあります。最も価値が高いといわれているのは慶長小判で、取引相場は1,200万円と言われています。それに次いで価値があるのが万延大判金で、およそ150万円で取引がなされています。その次は慶長小判で、およそ100万円の値段が付きます。 もちろん、状態や扱うお店によって、取引の価格は変動します。価値が高いものほど全体の流通量が少なくなる傾向にあるため、個別の取引額に差が出やすいのも特徴です。したがって、あくまで相場は目安程度に考えておいたほうが良いでしょう。 また、上記以外にもいくつもの種類がある大判・小判ですので、買取価格は千差万別です。しかも、現在のように、同じ場所で一律に製造していたわけではなく、手作業で複数の場所で鋳造していたため、品質や見た目が微妙に異なることもざらです。そのため、それらの事情も大きな価格形成の要因であるため、正確な価値を知りたい場合は、プロに鑑定してもらう必要があります。