旧紙幣の買取価格を比較しよう!

旧紙幣のカテゴリーです。旧紙幣は、旧一円券からE一万円券まで数多くの種類が存在しますが、発行枚数の少ないものや古いものほど買取相場は高くなっています。おたからややトレジャー、リサオク、マクサスなどで買取を行っているので、まずは査定を依頼しましょう。

旧紙幣の買取相場

旧紙幣の基本情報

旧紙幣は、主に明治時代に発行されたものを指すことが多いです。それ以前に、紙のお金はあまり存在しておらず、存在していても名称が異なったためです。正式に紙幣と呼ばれるようになったのは、明治時代以降です。 特に価値が高いといわれているのが、明治の初期に発行された紙幣です。例えば、明治通宝100円券は、24,330枚しか発行されませんでした。しかも当時の100円はかなり高額であり、なおかつほとんどが回収されているため、現存するのはほんのわずかといわれています。そもそも取引されたことがないため、万が一発見されればどのくらいの価値が付くかはわかりません。明治通宝の50円券も、発行枚数はほぼ同じで、ほとんどが回収されたと記録に残っており、現存する可能性は小さいです。したがって、100円券同様、どのくらいの価値があるのかはわかりません。 また、同様に日本銀行兌換銀券、通称大黒天100円札は、発行された枚数が15,900枚のうち、未回収が27枚と、ほとんどが回収されています。したがって、現存するとしても1、2枚と言われており、1千万円以上の価値が付くといわれています。 以上のように、旧紙幣のコレクションの価値は意外と高いものとなっています。