銅貨の買取価格を比較しよう!

銅貨のカテゴリーです。銅貨には10銭アルミ青銅貨、5銭アルミ青銅貨、カラス1銭黄銅貨など様々な種類が存在します。金貨や銀貨に比べると希少価値は低いですが、おたからややリサオク、ボストン商会などで買取を行っているので、複数業者に査定を依頼するとよいでしょう。

銅貨の買取相場

銅貨の基本情報

銅は、金や銀と比べて材質自体が安価であり、丈夫でもあるので、貨幣に素材として用いられることが多いです。現在流通する日本の硬貨も、一円玉を除けば、すべてが銅を主体とした硬貨です。歴史的にも銅貨は多く存在します。金や銀が、それ自体に価値がある一方、非金属である銅はあまり価値がありません。そこで銅貨には権威性が求められていました。つまり、造形が優れているものほど価値がある傾向にありました。 銅貨は以上のように流通量が多く、補助貨幣としての価値を持っているため、コレクション性は低い傾向にあります。例えば、日本の古銭で、明治初期に発行されていた1銭銅貨は、現在の相場で1000円ほどしかありません。これは、流通量が多いことと、金や銀と異なって価値が低い銅であるためでしょう。ただし、銅貨と一律に言っても、含まれている成分や流通量などが細かく異なります。したがって、中には価値があるのが存在するのも事実です。ただ、金や銀などの貴金属で作られた貨幣よりは値段が高くないというだけのことです。例えば、大正初期の稲1銭青銅貨は、未使用であれば5000円ほどの価値はあります。その額面を考えれば、かなり高い部類に入るでしょう。