MD(ミニディスク)の買取価格を比較しよう!

MD(ミニディスク)のカテゴリーです。MD(ミニディスク)は、SONYの5枚パックやVictorの10枚パックが人気を集めています。リサオク、ソフマップ、でんすけ、ゲオなどで買取されています。新品状態でまとめて売ると、高価買取につながります。

MD(ミニディスク)の買取相場

MD(ミニディスク)の基本情報

MDはソニーによって1991年に開発された光学式記録ディスクの一種で、翌1992年に商品化されました。CDよりも小さな直径6.4センチの円型ディスクを、正方形のプラスチックケースに入れており、主に音楽記録用として販売されています。 発売当初は記録時間がステレオで60分とされていましたが、その後徐々に延長され、1993年にはMAXで80分の商品も発売されました。モノラルで録音した場合には、表記時間の倍記録することが可能です。 2001年には新たな規格としてNetMD、2004年には最大45時間記録することができるHi-MD規格に対応した商品が発売されています。 発売当初に比べると徐々に価格も落ち着き、2014年頃までは100円ショップでも入手できるなど、多くのメーカーから販売されていました。近年は対応機器の生産が終了したこともあり、ソニー製の5枚パックが人気商品として見られる程度になっています。