絵画・美術品の買取価格を比較しよう!

絵画・美術品のカテゴリです。このカテゴリの買取商品数は13412件です。

もっと絞り込む

絵画・美術品の買取相場

絵画・美術品の基本情報

絵画や美術品の価値を決めるのは美術品そのものの美的価値、そして、希少性、その作者の作品を求める世間の需要とその作者の作品がどれだけ出回るかという供給によって決まります。中でも、希少性と世間の需要と供給が鑑定額や相場を大きく左右することになります。 評価されやすい絵画や美術品の特徴として、生きてるときにはあまり評価が高くなかったものの、亡くなった瞬間、その価値に気づいた人が現れ、こぞって買われるようになったかどうかです。生きてる間から評価が高く、作品が高値で売られていくというのはよくあることですが、中には生きてる間はなかなか評価をされず、軽く作品が扱われ、雲散霧消し、亡くなってからその価値に気づき、あわてて探され、チラホラとオークションに出品されたものがとんでもない高値でやり取りされることが多々あります。その国ではあまり知られていなくても、別の国では大好評で一気に値段が上がるということも考えられます。 リセールバリューとして、当初個展などで販売された価格より、その後改めて転売される際にどの値段に設定されるかで美術品の価値、相場、鑑定額もまた大きく変わります。個展で販売される額はあくまでその作者の言い値であり、後援者が応援をこめて買うことになりますが、リセールバリューではその絵の真実の価値がつけられることになります。希少性、需要と供給を鑑みて設定されるため、場合によって個展での販売額を大きく下回ることも十分にあります。どれだけの人に支持されたか、そして、権威ある人に認められたかも大事となります。