デイムラー 自動車の買取価格を比較しよう!

デイムラー 自動車のカテゴリです。このカテゴリの買取商品数は1件です。

デイムラー 自動車の買取相場

デイムラー 自動車の基本情報

デイムラーはかつてイギリスにあった自動車メーカーです。創業は1893年と大変古く、イギリス人の技術者であるフレデリック・リチャード・シムズ(Frederick Richard Simms)が、イギリスにおけるドイツのダイムラーエンジンの製造・販売権を獲得し、立ち上げます。デイムラーはダイムラー製のエンジンを搭載しましたが、ダイムラーとの関係はそのエンジンのみで、ボディやシャシーなど、その他の部分は関係はありませんでした。 1900年にはイギリス初の王室御料車として、6馬力を発生するフェートンが納入されたほか、日本の皇室も1912年にデイムラー製のクルマを導入しています。また1910年には軍用車の製造も開始し、第一次大戦中は戦車やトラックなどを数多く製造します。第二次大戦後は、手作りでクルマを製造するというデイムラー製の高級車は非常に高額なために販売が落ち込み、ジャガーに吸収されます。それにより、1962年にはジャガーの名車Mk2のラジエターグリルにデイムラー伝統のスタイルのグリルに改めるなど影響があり、またデイムラー製V型8気筒2.5Lエンジンを搭載するバッジエンジニアリングモデルの2?V8サルーンもデビューを果たします。 デイムラーの中古車は希少性が高く高値買取が期待できます。相場を調べそれを参考にしながら、交渉を進めていくと良いでしょう。1社だけから査定するのではなく、複数の買取店から査定してもらうことで、より高く売ることができるでしょう。