スコルパ バイクの買取価格を比較しよう!

スコルパ バイクのカテゴリです。このカテゴリの買取商品数は3件です。

スコルパ バイクの買取相場

スコルパ バイクの基本情報

スコルパはフランスのオートバイメーカーで、主にトライアルの生産を行っています。始まりは1993年と歴史が浅く、新規のバイクメーカーとして登場したものの、あまり業績は振るわず、2009年には経営が破綻して破産決済を行っています。しかし、同年に創業者であるマルク・テシエが会社を買い取ることで復活し、現在もトライアルを中心としたバイクの製造を行っています。この会社の特徴は1998年にヤマハとの契約によりエンジンを含む、いくつかのパーツが流用できるという点です。新たなバイクメーカーとして流通量はそれほどありませんが、トライアルという分野では珍しいのか日本でも人気があり、スコルパTY-S125Fなどは中古でも見かけることがありますが、状態が良ければ価格もそれなりにするという人気です。一般的には年式が古くなる、状態が悪いというものは価格が下がる傾向にありますが、スコルパはこの条件には当てはまらず、価格に大きな差を作らないため、欲しくても購入を断念する人も少なくないようです。一部のパーツではヤマハから入手可能なため、メンテナンス性も問題無く、扱いやすいという点でも大きなアドバンテージとなっています。問題としてはトライアルをメインにした生産のため、ツーリングに向いたバイクではないという点でしょう。無駄な装飾は一切省いた軽量タイプの車体で、走破性は別にしても、どっしりと構えた走行には向いていないため、山奥を走って遭難してしまうということにもなりかねない難点があります。