トーハツ バイクの買取価格を比較しよう!

トーハツ バイクのカテゴリです。このカテゴリの買取商品数は3件です。

トーハツ バイクの買取相場

トーハツ バイクの基本情報

トーハツは、船外機や消防ポンプを主に生産販売しているメーカーですが、かつてはバイクの生産を行っており1950年代には日本を代表するバイクメーカーとして知られていました。トーハツは元から内燃機関の製造を主としており、前身の高田モーター研究所は1922年に発動機付き揚水ポンプを製造していました。その後、幾つかの社名変更を経て東京発動機株式会社となり、トーハツの名称で知られるようになります。トーハツがバイクの製造に着手したのは、戦後のことで1950年に前輪駆動の取り付け型バイクモーターであるトーハツ・パピーを販売します。その後、本格的なバイクとして1953年に登場した2ストローク単気筒98ccエンジンを搭載したPK53型で、このモデルは性能が良く安価ということから多くの台数が販売されます。さらに1956年にはベストセラー車になる空冷2ストローク単気筒123ccエンジンを搭載したPK56型を販売します。しかし、後発のヤマハやスズキがより優れた2ストロークエンジンを搭載したバイクが投入されると、業績が悪化し、東京発動機株式会社は会社更生法の適用を受けて倒産します。その後はトーハツとして再出発して、現在の船外機や消防ポンプを製造する会社となっています。 バイクの製造時期が1950年代ということもあり、トーハツのバイクの現存数は少ないですが、数多く生産されたこともあり同年代のバイクと比較すると中古車としては多く流通しています。しかし半世紀以上前のバイクでありクラシックカーとしての位置づけが強いため価格も高めに設定されています。