ベスパ バイクの買取価格を比較しよう!

ベスパ バイクのカテゴリです。このカテゴリの買取商品数は24件です。

ベスパ バイクの買取相場

ベスパ バイクの基本情報

ベスパはイタリアのバイクメーカーであるピアッジオが製造・販売しているスクーターの名前であり、現在ではピアッジオのブランドの一つとして位置付けられています。 ベスパが登場したのは第2次世界大戦直後の1946年のことであり、スチールモノコック構造や、タイヤ交換の効率を考えた片持ちサスペンションなど、ピアッジオが航空機部門で培った技術を採用した実用性の高いバイクとして、人気を博しました。また、丸みを帯びた洗練された美しいデザインも特徴で、1953年に公開された映画「ローマの休日」でオードリー・ヘップバーンとグレゴリ・ベッグがローマ市内をタンデムで走行するシーンで使われたことは非常に有名です。 現在では、50ccクラスから300ccのモデルが展開されており、かつては2ストローク単気筒エンジンを搭載したマニュアルシフトでしたが、現在では4ストロークエンジンのオートマチックシフトとなっています。一方で、丸みを帯びたスタイルやスチールモノコック構造、片持ちサスペンションなどの特徴は1946年の発表時から変わらず受け継いでいます。 日本で特に人気が高いモデルは、125ccクラスの「ベスパ LX1253V」です。モデル名となっている3Vとはエンジンのバルブの数を表しており、吸気側が2つ、排気側が1つとなっておりエンジン性能が従来のモデルよりも大きく向上しています。 日本の中古市場にも一定数が出回っており、走行距離や年式にもよりますが、中古相場は25万円から30万円程度となっています。