ミュンヒ バイクの買取価格を比較しよう!

ミュンヒ バイクのカテゴリです。このカテゴリの買取商品数は1件です。

ミュンヒ バイクの買取相場

ミュンヒ バイクの基本情報

ミュンヒは1956年にエンジニアデザイナーをしていたフリーデル・ミュンヒによって設立され、特異的なモーターサイクルを少数生産することで認知されるようになったドイツのバイク製造メーカーです。日本のメーカーが大排気量、多気筒のストリートバイクを作りだそうとしていた1960年代後期には、すでにミュンヒが歴史に残るエンジンを換装して販売していたとされます。1,200ccTTエンジンは65bhp/5,500rpmの性能で、超加速を実現したエンジンによって1970年代のバイク雑誌に度々取り上げられていたのがミュンヒマンモス1200TTSです。ちなみに、商標の問題でマンモスという文字が使えず、マムートという名称に変わっているのですが、すでにマンモスが定着しているためか、ライダーの間ではマムートと呼ばれることはあまりありません。日本では漫画でも取り上げられたことのあるバイクですが、元々少数生産性のため、販売台数が少なく、オーナーもあまりいないことから情報もそれほど多くありません。1973年にフリーデルの会社は倒産するも、1976年にはホレックス・モーターサイクルとして復活、1987年にはタイタンシリーズが生産されるも業績は悪化するばかりで、2002年にはマンモス2000を250台限定で生産したのち終了となります。生産台数が少ないため希少価値が高く、中古でも探すことはほとんど不可能でしょう。ハイパワーバイクの黎明期に発売されたマンモス1200TTSは日本で1台だけオーナーがいますが、世界中を探してもほとんど現存していないとされます。