ランブレッタ バイクの買取価格を比較しよう!

ランブレッタ バイクのカテゴリです。このカテゴリの買取商品数は17件です。

ランブレッタ バイクの買取相場

ランブレッタ バイクの基本情報

ランブレッタは、イタリアの自動車メーカーであるレイランド・イノチェンティが製造販売していたスクーターのことです。ランブレッタの名称は工場のあったミラノのランブラーテという地名が由来です。レイランド・イノチェンティは、1922年にローマで開業した鋼管工場がルーツになります。ローマのほかミラノにも大きな工場を持っていましたが、第二次世界大戦には工場が破壊され、戦後は低価格で誰でも運転できるスクーターの製造をはじめることになります。 ランブレッタは1947年から製造が開始され、大きく普及し、また各国の現地企業がライセンス生産を行っていましたが、1960年代以降は急速なモータリゼーションと小型自動車が普及しはじめたことや親会社の財政難などから1971年にイタリアでの製造を中止しています。現在のランブレッタの名称の権利はインド政府に買収されており、その受け皿となる会社のSILが保有しています。一方でランブレッタ本体は製造されていませんが、パーツに関しては現在も生産されており、旧車の中では比較的、修理部品を調達しやすいスクーターとして知られます。 ランブレッタは、イタリアを代表するスクーターのベスパと人気を二分するクラシカルなスクーターですが、ベスパとは異なり日本での販売網は弱いため、なかなか手に入れるのが難しいイタリア・スクーターになります。人気のある車種はLIシリーズで、映画でも登場しています。一般の中古車としての流通量は少ないですが、イタリア車を扱う専門店で手に入れることは可能です。