富士重工 バイクの買取価格を比較しよう!

富士重工 バイクのカテゴリです。このカテゴリの買取商品数は4件です。

富士重工 バイクの買取相場

富士重工 バイクの基本情報

富士重工といえば、スバルのブランドで自動車を販売している会社ですが、古くはバイクも生産販売していました。富士重工のルーツは、中島飛行機で1945年までは軍事向けの航空機を生産していましたが、終戦によって航空機の生産が禁止されたため、社名を富士産業に変更し非軍需向けのものを生産するようになり、そのひとつがバイクになります。 富士重工のバイクは進駐軍の兵士が使っていた簡易なスクーターであるパウエルを参考にして作ったもので、1946年にラビットスクーターとして販売されたものになります。ラビットスクーターはクラッチ操作が不要で操作がしやすく簡易で扱いやすかったことからヒット商品となって、1968年まで生産されることになります。生産期間が長かったことからさまざまなモデルが販売されましたが、初期のタイプでは135ccエンジンであるのに対して、1954年に発売されたものは225ccとエンジンがサイズアップしています。もっとも大きい排気量としては246ccですが、1960年代に入ると小型軽量化が行われ、現行のバイクの区分に合致する50ccや123ccといったモデルが販売されています。 中古のラビットスクーターとしては、125cc以下の小型自動二輪免許で運転できるものが人気です。また中古市場で販売されているものでは不動車をレストアしたモデルもあり、その場合にはエンジンが載せかえられているケースもあります。