山口 バイクの買取価格を比較しよう!

山口 バイクのカテゴリです。このカテゴリの買取商品数は1件です。

山口 バイクの買取相場

山口 バイクの基本情報

山口自転車はかつて存在していた自転車とバイクを製造していた会社です。山口自転車は1914年に創業し、東京都台東区に本社があり、工場は埼玉県川口市にありました。 1953年までは自転車製造の専業のメーカーとして知られましたが、1953年にはバイクの製造を始めており、一時期は市場のシェアを多く獲得するほどの勢いがありましたが、当時は参入メーカーも多く過当競争に晒されて1963年に一度倒産します。その後、総合商社の丸紅の傘下に入り、丸紅山口となり、バイクからは撤退しています。その後は実用車である山口ベニー号やランドナーである山口ベニックスなど自転車でヒット車となります。1982年には丸紅が資本を引き揚げ、入れ替わりで関根自転車が資本参加します。現在はセキネサイクルを経て三和自転車工業と改称しています。 山口自転車が製造したバイクはいくつかあり、山口オートペット、山口シンクロペット、山口エースAC80、山口スーパーツイン、山口マスターなどがあり、50cc以上のエンジンを搭載したバイクも多数製造販売しており、自転車店を中心に販売されたこともあり、商業的に一定の成功を収めていました。このため製造数は比較的多めです。しかし、山口自転車が製造したバイクは1953年から1963年の10年間であり、また時代も古いため現存数が少ない車種になりますが、製造数が多かったことから中古として流通していることもあり、見かけることが可能です。