板垣 バイクの買取価格を比較しよう!

板垣 バイクのカテゴリです。このカテゴリの買取商品数は1件です。

板垣 バイクの買取相場

板垣 バイクの基本情報

現在の日本のバイクメーカーとしてはホンダ、スズキ、ヤマハ、カワサキの4社が知られますが、1960年代までは中小零細のさまざまなメーカーが存在しており、そのメーカーのひとつが板垣です。板垣は1933年に伊勢崎航空機工業として、中島飛行機の航空機部品を製造する会社としてスタートします。しかし1945年に戦争が終わるとそれまでの航空機の生産が禁止されたこともあり、航空機以外のものを生産するようになり同年には自転車発電用ランプを製造するようになります。その後、自転車取付用のエンジンを1954年から製造をはじめて1956年にはオートバイ事業に参入します。この時は傘下企業の三輝工業が販売会社となってサンライトSMR22を製造し、1958年からは自転車取付エンジンの製造販売を中止して、板垣の名前でサンライトキングモーペッドC1を製造販売、さらに翌年にはミリオンサンライトC10型やサンライトロイヤル、サンライトクインモーペット、1960年にはクインサンライト50S7型や、クインサンライト125S5、1961年にはクインサンライトジュニアなどサンライトシリーズを販売していきますが、同年に富士重工業に吸収合併されます。その後は富士重工業が製造販売していたラビットスクーターなどを製造していました。 板垣としてのバイクは1950年代後半ということもあり、現存数が少なくそのため中古として市場に流通している数は限られます。また消えた国産メーカーの希少価値から中古での販売価格はかなり高めに設定されています。