エレキマンドリンの買取価格を比較しよう!

エレキマンドリンのカテゴリーです。エレキマンドリンは、ギブソンやアリア、Eastmanなど、ギターが人気のメーカーで製造されています。おたからや、マクサス、リサオクなどのほか、イシバシ楽器でも高く買取されています。

エレキマンドリンの買取相場

エレキマンドリンの基本情報

17世紀に登場し、19世紀末にアメリカで多用され始めたマンドリンは、ギターのエレクトリック化・大音量化に伴い、フェンダー社より1956年にソリッドタイプのエレキマンドリンが誕生します。カントリー・ブルーグラスの人気楽器のひとつであり、バンジョーなどと共に多く用いられていました。 現在はエレクトリック・アコースティックスタイルで製造されており、アナログマイクを介せずともピックアップで音量を稼ぐことができるモデルが多数リリースされています。楽器屋に並んでいるメーカーとしては、ギブソン社をはじめとして、EASTMAN、ギブソン傘下のEpiphone、Collings、Larriveeなどからリリースされています。現代の特徴として、アコースティック楽器に力を入れて製造しているメーカーが多いです。価格帯としては10万円前後が入門器〜普段使いのモデルで、20万円前後が録音・コンサート用に位置しています。