オーボエの買取価格を比較しよう!

オーボエのカテゴリーです。オーボエは、マリゴやロレー、リグータのほか、クラリネットで有名なクランボンやヤマハなどの製品が人気を集めています。おたからや、マクサス、ネクストプラスといった買取業者のほか、イシバシ楽器やガクヤ楽器買取ネットでも高く売ることができそうです。

オーボエの買取相場

オーボエの基本情報

オーボエの起源となるショームは、13世紀から17世紀にかけて作られています。 15世紀から16世紀頃になると、改良が加えられ、17世紀に入るとオーボエの原型ができます。 バッハやテレマンなどの作曲家に好まれ、様々な曲を彩る楽器として人気が出ます。 18世紀になると、モーツァルトやベートーベンの管弦楽曲にも使われるようになります。 その後、様々な改良が加えられて、現在のオーボエが完成します。 オーボエの種類には、オーボエ、オーボエ・ダモーレ、イングリッシュホルン、バリトン・オーボエがあります。 一般的なオーボエは、ドを基調としたオーボエです。 オーボエ・ダモーレは、オーボエよりも管が長くなっており、ラを基調とする低い音域の楽器です。 イングリッシュホルンは、オーボエ・ダモーレよりも低いファを基調とする楽器で、音色が独特です。 バリトンオーボエは、オーボエよりも1オクターブ低い楽器です。 楽器屋に行くと、様々なメーカーのオーボエが販売されています。 オーボエメーカーでは、ビュッフェ・クランポン、ヤマハ、マリゴ、ロレー、リグータなどが有名です。