チューバの買取価格を比較しよう!

チューバのカテゴリーです。チューバは、ヤマハやミラフォン、B&S、ヒルスブルナーなどのメーカーが人気を集めています。イシバシ楽器やガクヤ楽器買取ネットなど楽器店でも買取されていますが、マクサスやおたからや、ネクストプラスといった業者でも高額買取が期待できます。

チューバの買取相場

チューバの基本情報

チューバの歴史は1820年代に始まった産業革命により金属の加工技術が飛躍的に伸び、ホルンやトランペットなどにヴァルブが取り入れられました。それ以来、さまざまな金属楽器に用いられるようになり、次々と新しい楽器が製作される中、チューバの原点となるバスチューバが生まれました。チューバとは、もともと管を意味する言葉で、古代ギリシャや、ローマでは青銅器の名前として用いられていました。その後ラッパ全体を指す言葉として使われ、チューバの製作者はチューバの低音楽器だと意味でバスチューバと命名しました。その三年後のは同じ製作者がテナーチューバを、十年後には別の製作者が、コントラバス・チューバを作りました。種類はBb管チューバ、C管チューバ,F管チューバ、Eb管チューバで楽器屋によっては、購入する前に試しに演奏させてくれるところもあります。楽器屋で人気のメーカーは海外ならマイネルウェストンで、このメーカーはチューバ奏者からの人気が高く、ついでヤマハ、元N響チューバ奏者が監修した機種、ジュピターです。ヤマハは当たり外れのないメーカーで、ジュピターもそれに近い性能になっています。