ホルンの買取価格を比較しよう!

もっと絞り込む

ホルンの買取相場

ホルンの基本情報

ホルンは「角」という意味が由来の楽器で、元々は狩りの際に使われていた角笛からオーケストラ用の楽器にアレンジされたものと言われています。ホルンのベルが後方を向いているのも、狩りの際に広い範囲に音を広げるために用いていた技法の名残りと言われています。また、ホルンはベルの内部に手を入れて、音の共鳴の具合を調整するという他の金管楽器にはない奏法を行います。ホルンには、F管とB♭管2つの調があり、両方の調を出すことのできる「フルダブル」、B♭管にF管の補助をつけやや軽量化した「セミダブル」、それぞれ1つの調を出すことのできる「シングル」などの種類があります。ホルンと名の付く楽器にはほかにもアルトホルンやフリューゲルホルンなどがありますが、これらは内部の仕組みが違うため、厳密にはホルンと分類されません。 ホルンの代表的な人気メーカーには、ドイツの「アレキサンダー」、「ハンスホイヤー」、日本の「ヤマハ」、ドイツの「ヴェンツェル・マインル」などがあります。これらのメーカーは評判も良く、アマチュアからプロまで広く使われているので、楽器屋などでも多く取り扱われています。