【保存版】収益物件の買取業者を選ぶ時の比較ポイント

不動産の収益物件を少しでも高く売るためには、正しい買取業者の選び方を知っておく必要がある。また収益物件や投資物件の売却は、分譲マンションなどの住宅と比べ、少々ハードルが高い取引となるため、自信を持った売却につなげるためにも、買取業者選びのコツをしっかりと把握しておくべきだ

そこで今回は、「収益物件を買取に出すにしても右も左も分からない」という方に向けて、簡単に確認できる業者選びの注意点を紹介する。以下に掲載する8つのポイントがそれにあたる。これらをしっかり確認したうえで、業者との価格交渉や売買契約に臨んでみてほしい。

home-1183150_640

ポイント1:業者が直接買い取りしてくれること

安全かつスピーディーに収益物件を手放すには、個人の投資家への売却を仲介する「仲介業者」ではなく、その会社が直接物件を買い取ってくれる「買取業者」を選ぶ必要がある。この両者の違いを認識していないと、現金化までに3~6か月もの時間がかかってしまうことがあるため、注意が必要だ。

面倒なことを回避したいなら買取業者が良い

また、仲介業者を利用すると、売り手側にさまざまな気苦労が生じてしまうことが多いため、「負担の少ない方法が良い」とか「面倒なことは回避」という人は、仲介業者ではなく、必ず買取業者を選ぶべきだ。

ポイント2:収益物件の買取実績をチェック

問い合わせをした業者に収益物件の買取実績があれば、売り主の依頼に対して「興味を持つ可能性が高い」はず。買取実績は、その業者の特徴を浮かび上がらせてくれるのだ。

業者の得意分野を把握しよう

また、収益物件買取を積極的に行っている業者であれば、さまざまな条件やオーナーの事情に沿った対応ができるため、現金化を急ぐ人ほど業者の得意分野を把握しておくべきであろう。たとえば、業者のホームページ内で収益物件に関するコラムが掲載されていれば、「積極的な買取を行っている業者である」と推測できる。業者がどんな物件を求めているのか、情報を集めて判断しよう。

ポイント3:難しい専門用語を並べまくる業者はNG

買取を通してオーナーの悩みを解消したいと考える良心的な業者は、基本的に難しい話もわかりやすく解説してくれる傾向がある。

悪質な「囲い込み」に注意

これに対してコンディションの悪い収益物件買取を好まない業者の場合は、一般人には理解が難しい専門用語を並べることで、顧客を遠ざける傾向がある。最近では、難しい専門用語によって「囲い込み」を行う悪質な売却業者も増えているため、担当者が話す内容に少しでも疑問や違和感が生じた場合は、無理に契約してはならない。注意しておこう。

ポイント4:「価格」よりも「提案力」を重視

満足度の高い取引をしている人たちは、価格だけでなく担当者のヒアリング力や提案力を重視した業者選定を行う傾向がある。

より良い提案がオーナーの苦悩を解消する

たとえば築30年を過ぎた物件が、「現状売却」、「リフォーム」、「立ち退き解体」といった選択に迫られている場合、それぞれのメリット・デメリットを把握したうえでより良い提案を行ってくれる業者との関係が、オーナーの苦悩を解消するということもあるだろう。ひとつの収益物件に対して幅広い提案ができる業者は、資金力にも長けている傾向があるため、自然と納得の査定額を得られるのではないだろうか。

ポイント5:買取以外のサポート力が高い

アパートやマンション、ビル1棟を手放すとなると、入居者だけでなく近隣に住む人たちにも多少の影響が出ることがある。

「売る・買う」以外の話もできる業者を選定すべき

特にリフォームやリノベーションを行う場合は、立ち退きや周辺への騒音といった問題が出る場合もある。オーナー個人の利益だけでなく「収益物件のまわりで生活する人」へのフォローもしっかり行ってくれる業者に依頼した方が、後々の人間関係におけるトラブルも起こりにくくなるはずだ。立ち退き解体の反対者が多い場合は、特に慎重に、「売る・買う」以外の話もできる業者を選定すべきであろう

ポイント6:最低でも5社から査定書を集める

これまで紹介した「買取に積極的な業者」とか「良心的な業者」は、多くの買取店を比較検討する中で、自然と気付くことができるようになるものだ。

多くの参考資料が買取を成功に導く

一方で査定額については、それぞれの買取業者が算出をしなければ相場の把握もできないため、どんなに面倒であっても5~7社に問い合わせする必要がある。このような、複数社とのコミュニケーションを通して多くの参考材料を収集した売り主は、悪質な業者の口車に流されることなく、納得の収益物件買取に成功すると言われている。

ポイント7:地域密着型の不動産会社はおすすめできない

収益物件近くにある地域密着型の不動産会社は、そのエリアに特化した売買情報を集めるうえで、良いアドバイザーになることも多い。

資金力で売り主を満足させる返答を出せないことが多い

しかし地方都市の中小不動産会社の場合は、収益物件買取よりも賃貸物件の扱いをメインに行っているケースがほとんどのため、資金力で売り主を満足させる返答を出せないことが多いのだ。高価買取につながりにくい地方都市の収益物件を手放す場合は、地域密着型の不動産会社だけでなく、全国規模で売買を行う大手買取メーカーにも問い合わせをしておこう

ポイント8:一括査定サイトを使う

不動産会社への直接訪問やメール、電話といったアプローチが面倒な場合は、一括査定サイトなどのWEBサービスを使ったほうが、より確実に物件情報を企業に伝えられる。

コミュニケーションに自信のないオーナーこそ一括査定サイトが最適

特に、収益物件専門の楽侍スマイスターRE-Guide不動産一括査定といったWEBサービスは、たった1分ほどの入力で買取査定に欠かせない情報をうまくヒアリングしてくれることから、コミュニケーションに自信のないオーナーこそ、一括査定サイトを使ってみることとをおすすめする。

また当サイト「ヒカカク!」でも収益物件に関するカテゴリを設けているため、業者の評価や口コミが気になる場合は、ぜひ併用してみてほしい。

投げやりにならずに慎重な業者選定を

今回紹介したポイントをしっかり押さえた上で行動を起こせば、買取業者との間に生じる認識のズレやトラブルに巻き込まれにくくなるはずである。

また収益物件の買取は、その物件の中で生活や商売をしている入居者にも大きく影響するため、「早く売れれば何でも良い」といった形で投げやりにならずに、慎重に業者選定を行うべきであろう。もし現在交渉中の買取業者に違和感がある場合は、比較検討を行う参考材料として一括査定サイトを使ってみてはいかがだろうか。ぜひ下記リンクボタンの先にある関連記事も読んでいただき、良い買取業者を選んでほしい。

1d4d945b 768f 4ab6 91d0 033ae7293e1d収益物件を売る時に参考買取相場を調べる方法3選このコラムをチェックする

↓新しい不動産売却の方法↓

「売却エージェント」の活用で高値売却を目指す

不動産仲介による売却では、「売却エージェント」を利用する手法がおすすめだ。「売却エージェント」とは、顧客の最大限のメリットを追求する売主だけの“エージェント”のこと。ソニー不動産では、このエージェント制を取り入れることで、顧客の“囲い込み”が起こりやすい「両手仲介」(売主、買主の双方を一つの会社が担当すること)を排除。売却と購入は別組織として動く「片手仲介」を実現している。さらに同社では、収益物件には豊富な経験と高度な知識を持った専門の「資産コンサルティングチーム」がサポート。資産価値を高める再生建築の提案等、きめ細かい提案が期待できる。対象地域は一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)。該当地域にお住まいなら、ぜひ一度相談してみてはいかがだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「【保存版】収益物件の買取業者を選ぶ時の比較ポイント」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから