【保存版】500円札の価値・買取相場・査定情報まとめ

五百円券が登場したのは、1951年(昭和26年)である。

当時は終戦直後の混乱に端を発したインフレーションが止まらず、これに対応するためにまず1950年(昭和25年)にB号千円券が発行され、その翌年に五百円券が発行された(この後、B号五十円券、B号百円券と発行された)。

B号五百円券とC号五百円券

この五百円券の狙いは、以前に一円券と十円券の間に五円券があったのと同様に百円券と千円券の間を埋めるためである。なお、五百円券が発行されたのは、B号五百円券が初となる。

B号五百円券

B号五百円券の表面には岩倉具視が描かれ、裏面には富士山が描かれた。また、A号券において偽造が横行していたことから、偽造防止のために様々な対策が盛り込まれたのであった。

しかし、このB号五百円券は偽造防止のために施されたすかしが印刷された文字とかぶって確認しづらかった。

さらにデザインもあまり評判が良くなかったことから、1969年(昭和44年)にC号五百円券が発行された。

C号五百円券

C号五百円券に用いられたモチーフは、B号券と同じく表は岩倉具視、裏面は富士山が描かれている。

B号五百円券で不評だったすかしは、文字とかぶらないように位置をずらされ、デザインも変更された。

このC号五百円券は、1982年(昭和57年)に五百円硬貨が発行されてからも印刷され続け、1994年(平成6年)に日本銀行が払い出しを中止するまでC号五百円券の新券が流通していたのである。

五百円券の買取について

五百円券については、前述のようにB号五百円券、C号五百円券の2種類がある。それぞれの買取について記載していく。

B号五百円券

B号五百円券はC号五百円券が発行された2年後の1971年(昭和46年)に発行が停止されたが、現在でも五百円として有効な紙幣である。

このため、現在もまだ数多く残っていることから、紙幣の価値を決める希少価値という点においては高いといえない。

買取に際しては、紙幣の状態が重要視される。未使用もしくはピン札という状態が極めて良い場合は、買取業者によっては1500円程度で買取されるようだ。

C号五百円券

C号五百円券は1985年(昭和60年)に発行が停止されたが、1994年(平成6年)まで払い出しがされた。

百円券と五十円券が、それぞれ百円硬貨、五十円硬貨が発行された後、ほどなくして払い出しが中止されたのに比べ、意外に長生きしたのである。

現在も数多く市場に残っていることから、B号五百円券以上に希少価値は低い。買取価格は未使用もしくはピン札という状態が極めて良い場合で1000円程度となっているようあだ。

エラー紙幣

前述のように、五百円券はB号、C号とも高額買取されることはまずないといえる。ただ、場合によっては高額で買取されるものもある。

まず、エラー紙幣。エラー紙幣とは、印刷がずれていたり、裁断が失敗していたりなど、正常な状態ではない紙幣のことを指す。

通常このような正常ではない紙幣は、製造した後のチェックの段階ではじかれ、市場に流通することはまずない。しかし、稀にチェックをすり抜け市場に流通する場合があり、コレクターの間で高額で取引されるのである。

エラーの状態などにもよるが、額面の数十倍かそれ以上で取引されることもあるようだ。通常入手することはまずないが、もし入手した場合、高額で売却できる可能性があるだろう。

A-A券

次に、A-A券。A-A券とは、記番号の先頭と最後のアルファベットがAの五百円券を指す。

記番号は、アルファベット1桁もしくは2桁、数字6桁、アルファベット1桁で構成される文字列のことで、各紙幣に1個づつ割り振られるものである。この記番号は、A000001Aから印刷が始まりZZ900000Zまでとなることが決まっている。

つまり、A-A券は最初期に印刷されたものであり、希少価値が高いのである。未使用で状態が極めて良ければ額面の数倍の価格で買取されることもある。

1桁ナンバー

同様に1桁ナンバーと呼ばれるものもある。

これは、記番号の最初のアルファベットが1桁の五百円券にあたる。これも初期に印刷されたものであり、額面以上で買取されることがあるが、A-A券ほど高額にはならないようだ。

ゾロ目

また、記番号においては、ゾロ目と呼ばれるものも高額で買取されることが多い。

記番号の数字の部分がすべて同じ数字であるもの、例えば、GH666666Dといった記番号がそれにあたる。

これも希少価値が高いことから、未使用で状態が極めて良いものは額面の数倍の価格で買取されることもある。

また、GH366666Dと5桁の数字が揃っている場合も、全部数字が揃っている五百円券ほどではないが、額面以上の価格で買取されるようだ。

階段、サンドイッチ

高額で買取される記番号の紙幣としては、他に123456といった数字が続いている階段とよばれるもの、011110と前後の数字が同じで中の数字が同じ記番号のサンドイッチと呼ばれるがあり、それぞれ額面以上で買取される可能性が高い。

変わった記番号の紙幣は数が少ないものの、存在するかどうかわからないエラー紙幣と違って確実に存在するため、エラー紙幣よりは所有している可能性が高い紙幣といえるだろう。

連番

また、連番での紙幣も高額で買取される。これは、記番号が連続した紙幣が複数枚ある場合を指す。

前述のようなゾロ目や階段、サンドイッチのような特別は配列である必要はなく、例えば、TG135755H、TG135756H、TG135757H…といったように、記番号が連続している紙幣が複数枚あればよいとされる。

状態にもよるが、額面以上で買取される可能性が高いと言える。

五百円券を売却する際の注意点

五百円券はB号、C号ともに現在は発行されていないものの、現在でも有効な紙幣であり市場に多く残っている。

前述のように、五百円券は希少価値があまり高くないことから、買取については紙幣の状態が重要視される。未使用もしくはピン札など状態が極めて良い状態でなければ、額面どおりの価値しかない。

もし、状態が極めて良い状態の五百円券を入手した場合は、その状態が維持できるように保管方法には注意したほうがいいだろう。

また、紙幣のコレクションのような趣味を持っていなければ、早めに買取業者に相談して売却したほうがいいだろう。

買取業者の選択について

五百円券を買取業者に売却する場合、事前に複数の買取業者に見積を依頼したほうがいいだろう。

買取業者1社だけに見積を依頼すると、その見積が高いか安いか判断できない。比較対象がないからである。

さらに、万が一その買取業者が見積を依頼された五百円券を適正に見積できずに安く見積もってしまった場合も、比較対象がないことからそれがわからない。

しかし、複数の買取業者に依頼すれば、得られた見積を比較することで高額の見積を提示する買取業者がわかるため、高額で売却できる可能性が高まるといえる。

それに加え、安く見積をする買取業者についても、見積を比較する時に弾くことができるため、安く売却する可能性は低くなるのだ。

おすすめの買取業者

本コラムでは、おすすめの買取業者として、「スピード買取.jp」をあげたい。

古銭などの買取実績が豊富

スピード買取.jpは、五百円券をはじめとする紙幣、古紙幣、古銭などの買取実績が豊富で、多くの利用者がいる買取業者である。

多くの利用者がいるということは、それだけ買取内容が良いという証であり、高額での売却も期待できるところである。

手数料がすべて無料

また、査定料や買取手数料、出張料や送料といった買取に関わる費用がすべて無料

最短30分で訪問する出張買取、交渉が纏まればその場で現金での支払い可能、ユーザー対応のためのお客様相談室を設置するなど、利用者のために様々なサービスを実施している買取業者である。

五百円券を売却する際に、見積を依頼する買取業としてスピード買取.jpを選択すれば、買取価格やサービス内容において満足のいく取引となるだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「【保存版】500円札の価値・買取相場・査定情報まとめ」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

無料査定