【絵画】中川一政の洋画を買い取ってもらうなら?【版画】

提供記事

色彩の美しい絵画作品で知られている中川一政。独学でありながら日本を代表する洋画家として長きにわたり活動し、「薔薇」「向日葵」などの有名作品を多数発表。

650点あまりの作品を展示している中川一政美術館には、日本国内だけでなく、世界各国から絵画ファンが訪れているようだ。

日本を代表する洋画家 中川一政

中川一政(なかがわかずまさ)は1893年に東京の本郷で生まれた。少年期には詩歌や散文で入選するなど、文学方面での才能を開花。その後、ゴッホやセザンヌの作品に影響を受け、独学で勉強し絵を描くようになる。

巽画会展で油彩作品「酒倉」が入選、二作目の「霜のとける道」が二等賞となる。処女作が岸田劉生に認められ、本格的に画家を目指すようになる。草土社に参画、そして春陽会の設立に携わり中心画家として活躍した。

1949年に神奈川県真鶴町にアトリエを構え、20年間にわたり福浦の風景などの絵画を発表。1975年には文化勲章を受章し、1991年に享年97歳で永眠。

絵画・版画はかなり高額で取引されている

中川一政は“バラ“や“ひまわり“を好み、華やかな色彩絵画が特徴的である。世界中の絵画ファンを魅了しており、油絵や水彩、リトグラフや版画などは高額で取引されている。

中でも「薔薇」「椿三輪」「真鶴の海」「福浦の風景」などの作品は、かなりの高額がつけられているようだ。他にも以下のような作品がある。

  • ・ゴオホ
  • ・薔薇
  • ・ひまわり
  • ・福浦
  • ・福浦突堤
  • ・二つの壺と薔薇
  • ・酒蔵
  • ・監獄の横
  • ・駒ヶ岳
  • ・鉄線花

これらの有名絵画だけでなく、中川一政は水墨岩彩、書、陶芸、挿画、本の装丁などの作品を数多く残した。

中川一政の絵画作品を鑑定してもらうなら?

中川一政の“バラ”を題材にした作品は800点を超えると言われており、原画は最低でも100万円の買取価格がつけられているため、もしかしたら所有している絵画・版画が高額で買い取ってもらえるかもしれない。では、一体どこに鑑定を依頼すればいいのだろうか。

総合美術買取センターがおすすめ

中川一政の絵画や版画を売却しようと考えているなら、数々の美術品を取り扱っている総合美術買取センターに依頼してみてはいかがだろうか。同社ではあらゆるジャンルの絵画をはじめ、幅広い美術品を買い取っている。

さらに美術品ごとに専門の鑑定士が査定を行うため、専門的な見地から価値を知ることができるのだ。

また、営業拠点を東京に1点集中させ、運営経費を抑えているため、その分高い価格での買取が可能。各分野でそれぞれ20年以上の経験を持つ業界トップの鑑定士が、きっと満足のいく買取価格を提示してくれるだろう。

東京都内、関東地方の買取を強化中

総合美術買取センターでは、東京都内、関東地方での買取を強化している。買取方法は宅配買取、店頭買取、出張買取に対応しており、それぞれ査定に関する手数料は全て無料。もちろん全国規模で査定に対応しているので遠方の場合でも利用することができる。

また、原則24時間以内に査定額を回答してくれるので、急いでいる人にもおすすめ。さらにクーリングオフ制度を導入しているので、万が一契約内容に納得いかない場合でも、契約日から8日以内の連絡であれば無条件でキャンセル可能。初めて中川一政の絵画・版画を売る方でも安心して依頼しやすいのではないだろうか。

まとめ

日本を代表する洋画家 中川一政の絵画・版画は数多く存在すると言われているが、多くの作品が高額で取引されており、中にはかなりのプレミアム価格で買い取られている作品もあるようだ。

特に総合美術買取センターでは、中川一政をはじめとした有名作家の絵画・版画の買取を強化しているので、他店よりも高額査定が期待できるだろう。もしも自宅で眠っている作品があるなら、この機会に査定してもらってはいかがだろうか。

総合美術買取センター

住所
〒140-0002 東京都品川区東品川4-13-14 グラスキューブ品川5F
電話
050-3731-6425
受付時間
9時~17時(木曜定休)
今すぐ電話で無料見積もり
050-3731-6425
受付時間:09:00~17:00
ココで売る!
今が売りどき!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「【絵画】中川一政の洋画を買い取ってもらうなら?【版画】」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから