アイロン処分時の費用は?無料で粗大ごみとして引取可能な業者は?

ヒカカク!で商品を高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品を検索

    商品名で検索したり、カテゴリから探そう

  2. 査定依頼
    2査定依頼

    最大5社が買取価格を一括査定!(無料)

  3. 買取予約
    3買取予約

    査定結果が届いたら、買取予約をします

  4. 買取完了
    4買取完了

    商品を買取業者に郵送。現金を受け取ろう

ironing-403074_640

洋服のシワを取り除くための「アイロン」は、生活必需品ともいえる商品だ。一家に1台必ずと言っていいほどあるだろう。

もしも新しいアイロンを購入することになり、古いモデルのものを処分することになったらどのような方法があるのか。

今回は、アイロンの処分方法や費用に関して詳しく紹介していきたいと思う。

アイロンをゴミとして処分する方法

アイロンをゴミとして廃棄処分する方法は、各地方自治体によって異なってくる。

各市町村のホームページには「ゴミの分別方法」を紹介するページが存在するので、まずはそこで確認してみるといいだろう。

不燃ごみ、粗大ごみとして出だすのが一般的

一例として、世田谷区のゴミ分別方法を紹介しよう。

世田谷区のホームページによると、電化製品(エアコン、テレビ、洗濯機、衣類乾燥機、冷蔵庫・冷凍庫、パソコンを除く)は粗大ごみという分別になるそうだ。

ただし、「一辺の長さが30センチメートル以下のものは不燃ごみ」との記述もあるので、アイロンの大きさによっても変わってくることが分かる。

各地方自治体の定めに従って、適切でモラルある処分を心がけてほしい。

別途の袋で廃棄することをこころがける

不燃ごみとしての廃棄が認められている地区であっても、袋は分けてゴミに出すべきだ。

現在は不燃ごみの資源化に積極的であるため、できるだけ別途での分別が推奨されている。

ほかの不燃ごみと同じ袋で出してしまうと分別に手間がかかるので、なるべくならアイロンだけ別の袋でゴミ収集所に置いておくようにしよう。

廃品回収業者に依頼する方法

ゴミとしての回収以外に、一般の廃品回収業者に依頼する方法もある。

街でよくみかける不用品回収を行う業者

街をトラックで走っている業者を見たことがある方も多いだろう。

あの手の業者は、家電製品などを回収してリサイクルしたり、必要なパーツを取り出して再利用するなどの活動を行っている。

業者によって回収費用がかかることもあるが、自宅まで回収に来てくれるので手間は省ける。すぐにでも処分してしまいたいと考えるのであれば、これら一般の回収業者に依頼してみてもいいだろう。

悪徳業者には注意

ただし、廃品回収業者の中には資格を持たずに営業を多なっている悪徳業者も多数存在する。

よくあるトラブルとしては、無料だったはずなのに回収後に高額な請求をされたり、回収した商品を不法投棄するなどが挙げられる。

もしも自分が依頼した業者が少しでも不穏な動きを見せたら、直ちに取り引きをやめすべきだ。

トラブルが解決しない場合は、警察に通報するなどの対応をとってほしい。

売却による処分も視野に入れてみる

アイロンであればどの世代からも需要のある商品のため、買い取ってくれる業者が多数存在する。

そこで、ここでは売却(買取)による処分を強くオススメしたい。

もちろん、すべてのアイロンに値段がつくわけではない。しかし少しでも値段のつく可能性があるのであれば、査定に出してみるべきだろう。

買取にかかる費用

買取業者を利用したことのない方は、「査定にお金がかかるのではないか」「買取金額よりも査定金額が高くなってしまうのではないか」という不安を抱えているかもしれない。

しかし、現在の買取業界は顧客獲得のために、査定費用を含めた買取にかかるお金を無料にしている業者が非常に多いのだ。

もちろん、全て業者次第になってくるが買取金額が査定費用などよりも安くなってしまうことは考えにくい。オープンでクリーンな業界を目指しているだけあり、ユーザーに不満を抱かせるような査定は行わないはずだ。

買取方法が選べるため手軽に依頼できる

買取方法は、店頭に持ち込む以外にも多数用意されている。

最近では、家から一歩も出ずに買取を成立させる手軽な手段を導入している業者が多いので確認してみてほしい。

以下では、代表的な買取方法である「店頭買取」「出張買取」「郵送買取」の3つに関して詳細と特徴を紹介していく。

店頭買取

買取といえば、この店頭買取を想像する方が多いだろう。商品を店舗に持込み、その場で査定を受ける昔ながらの基本的な買取方法だ。

メリットとしては、その場で査定・買取を行った後にすぐ現金化してくれるショップがも多い点である。

「すぐにお金を受け取りたい」という方はこちらを選択するといいだろう。

郵送買取

郵送買取」は、商品を自宅から郵送して査定して貰う方法。ショップ到着後に査定が行われ、査定員が出した結果に納得すればそのまま買取になる。

査定に納得行かなかった場合は、再度郵送で返却してもらえるので安心して気軽に利用してほしい。

専用の買取キット」を用意しているショップに依頼すれば、唯一のデメリットである面倒な梱包からも逃れることができるだろう。

出張買取

近年注目を集めているのが、最も手軽に買取ができる「出張買取」だ。

ユーザーは、業者に査定を依頼するだけで自宅まで買取に来てくれる。極端に言ってしまえば、電話して自宅で待っているだけで買取が成立してしまうのだ。

早い業者は、依頼から1時間以内に来てくれる場合もある。重い商品を売りたい時、大量の商品を一気に売りたいときなどに有効な方法だといえるだろう。

アイロンを売却する際におすすめの買取方法

それでは、アイロンを売ろうとする方におすすめの買取業者をいくつか紹介していこう。

買取方法や業者の特徴をつかみ、自分に合った場所を選んでみてほしい。

ハードオフ

ハードオフ
3.52
(734件の評価)
今が売りどき!

「BOOKOFF」など幅広い店舗展開を行っている「ハードオフグループ」は、アイロンなどの各種家電の買取も行なってくれる。

全国に多数の実店舗が存在するので、近くの店舗に依頼してみるといいだろう。

買取方法としては、お得な「宅配買取」をオススメする。全国どこでも送料無料で受け付けてくれるので、アイロン1点だけであっても気軽に利用できるのはユーザーにとって嬉しいポイントだ。

家電のほか、衣料品や楽器・インテリア家具など取扱商品数が幅広いので、自宅の大掃除などの際は利用してみるといいだろう。

マクサス

“なんでも買取”という冠で有名な「マクサス」は、名前通りなんでも買い取ってくれる総合買取業者だ。自宅にある不用品は、アイロン以外の商品でも“何でも”査定に出すといいだろう。

買取方法は、持込・郵送・出張と3つに別れているので好きな方法を選択してみてほしい。(ただし、出張買取はエリア限定の記載があるので要確認)出張買取ならば最短60分で来てくれるので非常に便利だ。

アイロンを高額売却するためには

せっかく売るのであれば、少しでも高く売りたいと思ってしまうのが人間の心理。処分しようとしていたものであっても、それは同じだろう。

以下では、アイロンを高額売却するためのポイントをいくつか紹介するので参考にしてみてほしい。

商品をキレイにしておく

アイロンに限らず、どのような商品であっても状態のいい物が高額買取の対象商品となってくることは間違いない。特に電化製品の場合はその傾向が強いだろう。

「どれだけ新品に近いか」が基準とされるので、動作確認はもちろんのことキレイに清掃をして“買ったときの状態”に近づけておこう。

逆に使用感が顕著に出ているものだと、減額の対象となってしまうので注意してほしい。

付属品を揃える

新品の状態に近づけるという意味では、付属品を揃えておくことも非常に重要だ。

アイロンであれば、説明書保証書といったものだろう。

アイロンを使用する上では不要なものばかりなので、これらの付属品を取っている方は少ないかもしれない。しかし、もし自宅で発見されたのであれば絶対に揃えて査定依頼に出すべきなのだ。

まとめ売り

アイロン以外の商品もまとめて売ることによって、買取金額がアップすることもある。

買取点数に応じて「査定金額アップ」「査定金額〜円プラス」といったサービスを実施していることも少なくないので、不用品をまとめて売却してみるのもいいだろう。

業者比較を徹底する

業者によって買取価格は大きく異なってくる。そのため、1つの業者のみに査定依頼をするだけでは高額買取という意味で不十分だといえるだろう。

多数の業者に査定依頼を行い、最も高額を提示した場所に最終的な買取を委ねるべきなのだ。

査定をお願いしたからといって、必ずその場所に売らなくてはいけないわけではない。最低でも5社には査定を依頼して金額の比較を行うことをおすすめする。

まとめ

アイロンは大きいものであれば廃棄するのにも費用がかかる。そのため上記で紹介したような業者に売却して、少しでもお金を得たほうがお得なのだ。

多くの業者に査定依頼を出して、少しでも高い金額でアイロンを売却してみてほしい。

「これ売れる?」を確かめてみよう
あなたの家電
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「アイロン処分時の費用は?無料で粗大ごみとして引取可能な業者は?」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

売る前の事前相談
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する