キャディバッグの買取相場はどのくらい?処分や下取りとメリット比較

ヒカカク!でゴルフクラブ・ゴルフ用品を高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

ゴルフをしていると欠かせないアイテムがたくさん出てくるが、ゴルフをやめてしまうと置き場所に困るということもあるだろう。 中でもキャディバッグは大きく処分も大変なため、そのやり場に困っているという方も多いのではないだろうか。

今回は、キャディバッグの処分方法の中でもおすすめの買取についてと、処分、下取りとの比較をしていこう。


Golf iPhone App / StickerGiant

キャディバッグとは?

キャディバッグはゴルファーには欠かせないアイテムの一つだ。 クラブだけでなくボールやタオルなどの小物もまとめて収納することができ、なにかと荷物が多くなるゴルフで快適に遊ぶことができるようになるのだ。

キャディバッグには様々な種類があるが、選ぶ基準も人によって様々だ。 キャディバッグに荷物、クラブをたくさん入れるという方にとっては軽いスタンドタイプのキャディバッグは魅力的だ。スタンドタイプは自分で背負って持ち運ぶようになっているのでセルフプレーをする方にとっても便利である。

あまりに安くて軽いキャディバッグを選んでしまうと耐久性が弱い可能性もあるので、素材選びなどもきちんとしておきたい。 しかし初心者、女性にとっては重たくなってしまうため、下にキャリーがついているようなものも人気である。

キャディバッグの中のメインの部分にはクラブを入れられるような仕切りがついていることが多い。 多くは6本から14本程度収納できるようになっており、仕切りがついているので中でクラブが傷つく可能性も少ない。 自分が何本くらいのクラブを持ち運びたいのかを考えて選ぶようにしよう。

キャディバッグの人気ブランド

キャディバッグは、ゴルフブランドやアパレルブランドなどから数多く販売されている。 好きなクラブのブランドから購入する方もいれば、おしゃれなアパレルブランドから登場しているキャディバッグを使用する方もいる。

キャディバッグは機能性というよりもデザイン性で選ぶ方が多く、機能面も大差がない。 自分のお気に入りのキャディバッグをみつけよう。

1 タイトリスト

ゴルフクラブブランドの中でも非常に人気の高いタイトリスト。 ゴルフクラブからボール、アパレル、キャディバッグまでなんでもタイトリストで揃えることができる。

上級者向けのゴルフクラブが多いため、タイトリストのキャディバッグを持っていると周りから一目置かれる存在になれるかもしれない。

2 キャロウェイゴルフ

世界的に人気が高いキャロウェイゴルフ初心者向けから上級者向けまで幅広く商品を展開しており、キャディバッグも人気だ。 ボストンバッグ、シューズケースも登場している。 キャディバッグとお揃いのデザインを選べば、よりおしゃれにゴルフを楽しむことができるだろう。

3 ミズノ

ゴルフアイテムだけでなく総合的にスポーツアイテムを取り扱うブランド。ゴルフクラブにおいては上級者向けのものが多いが、デザイン性が高く人気がある。

バッグブランドとコラボしたキャディバッグも多く、デザイン性のみならず機能面、耐久面においても優れたキャディバッグが多い

4 スコッティキャメロン

海外のトッププロゴルファーも多く愛用しているスコッティキャメロン。 ゴルフアイテムを多数販売しており、キャディバッグも人気アイテムの一つだ。

その特徴は優れたデザイン性。キャディバッグはシンプルなもの、スポーティーなものが多いが、スコッティキャメロンのキャディバッグはブランドバッグのようなおしゃれなものが多く、若い層にも人気がある。 定価が高めなので、中古市場での人気も高い

キャディバッグの買取条件

不要になったキャディバッグは買取に出すことが可能だが、買取に出す場所によっては買取条件があるので注意が必要だ。 ゴルフアイテム買取を専門にしている業者に売るのが一番おすすめだが、この場合はキャディバッグのみの買取は取り扱っていない可能性が高い。

キャディバッグだけを新しくしたいからという理由で買取に出しても断られてしまうので、不要なクラブなどと一緒に売るようにしよう

また、キャディバッグは買い取っても高く売ることができないケースが多い。 そのため、人気のブランドのものしか買い取らないという業者も多いようだ。

その他汚れがひどいもの、ファスナーの開閉が困難なもの、キャリーが壊れているものなどは人気ブランドであっても買い取ってもらえないか、かなり安い価格での買取となる。

ゴルフアイテム買取業者以外では、総合買取業者リサイクルショップなどに売るのもおすすめだ。これらの場所に売る場合はクラブと一緒でなければならないといった条件もゆるいことが多く、気軽に買取に出すことができるだろう。

しかし買取金額においてはあまり期待ができない。人気ブランドのものや状態がいいものでも安く買い取られる可能性が高いので注意しよう。

キャディバッグの買取相場

キャディバッグの買取相場は、そのキャディバッグの定価によって大きく変動する。 しかしもともと高いキャディバッグが多いので安くても5.000円から10.000円程度の金額になることが多いようだ。

高いキャディバッグなら40.000円から50.000円の買取金額に。スコッティキャメロンなど高価なブランドのものだと、10万円近い買取価格が出る業者もある。

状態のいいもの、ブランドとのコラボアイテム、限定デザイン、プロゴルファーと同じデザインのものなどは人気が高く、通常の買取価格よりも少し上乗せされた金額を期待することができる。

高く売れるキャディバッグ

高く売れるキャディバッグとはどんなものなのだろうか。その特徴を見ていこう。

1 保存状態がいいもの

高く売れるキャディバッグのポイントとしては、まずは状態がいいこと。 リサイクルショップなどでは、そのキャディバッグ自体の価値よりも状態を重視して買取金額を決定することが多い。

プレイ後は底部分もきちんと拭き取り、買い取りに出す前はほこりなどを丁寧に取り除いておこう。 とくに内部には知らず知らずのうちにゴミが入っていたり、汚れていたりすることが多い。

これらのメンテナンスの手間を考えると、状態がよくても汚れているキャディバッグは買取価格が下がってしまう可能性がある。

2 専門買取業者に依頼する

キャディバッグ自体に価値がある場合は、リサイクルショップなどではなくゴルフ用品専門の買取業者に買取を依頼することもおすすめだ。

その際はクラブなどゴルフ用品もまとめて一緒に売ることで、さらに高価買取を狙うことができるだろう。 買取業者の中にはまとめ売りで買取金額がアップするキャンペーンや、特定のブランドのものを売ることで買取金額がアップするキャンペーンなどを行っているところもある。

自分の売りたいキャディバッグがキャンペーン対象になっているかも事前にチェックしておこう。

3 タイミング

さらにキャディバッグなどゴルフアイテムは、買取に出すタイミングも重要だ。 ゴルフができる期間は春と秋。夏と冬はあまり需要がなく、ゴルフアイテムを買い取っても業者は在庫を抱えることになってしまう。

在庫を処理しやすい、春先、夏の終り頃にキャディバッグなどゴルフアイテムをまとめて売りに出すことでより高く買い取ってもらうことが可能となる。

4 新しいもの

タイミングで言えば、キャディバッグは古いものほど買取金額が低くなる。 発売されたばかりのものは状態もよく需要も高いので、中古としても人気がある。そのため、不要だと判断したキャディバッグは早めに売ることをおすすめする。

ブランド品などと違って古いものほどヴィンテージとしての価値があがるということはないので、タイミングを見計らって早めに売りに出すようにしよう。

5 人気ブランドのもの

当然だが、人気ブランドのキャディバッグは中古市場でも人気だ。 買い取ったあともある程度高い金額で売りさばくことができるので、買取金額も高くなる可能性が高い。

日本のメーカーのみならず、海外での人気ブランドも高価買取対象だ。 とくに日本国内だけでなく海外にも販売ルートを確保しているような買取業者を選べば、より高く買い取ってもらうことができるだろう。

日本ではマイナーなブランドでも海外では人気があることも多く、意外なものが思わぬ価格になるということも考えられる。

キャディバッグの買取のメリット

キャディバッグの処分方法について、買取、処分、下取りの3点からそれぞれのメリット、デメリットをチェックしていこう。 まずは買取のメリットから。

買取のメリットはなんと言っても現金を受け取ることができるという点だろう。 処分、下取りではこのメリットは受けられない。

買取業者選びさえ間違えなければ、高い金額を受け取ることができ、さらに新しいキャディバッグやゴルフアイテムを購入する資金にすることが可能だ。

最近では買取業者もかなり増えてきており、選択肢も多い。 ゴルフアイテム買取専門の業者を利用すればその他のゴルフアイテムもまとめて買い取ってもらうことが可能だし、リサイクルショップなどを利用すれば気軽に自宅の不要なものをまとめて処分することができる。

買取方法も宅配買取、出張買取、店頭買取がある。自宅で気軽に買取を利用したいという方は宅配買取、すぐに現金がほしい方は店頭買取、売りたいものが多く荷物をまとめきれないという方は出張買取を利用するなど、それぞれのメリットを活用していこう。

事前にメールやLINEでおおよその査定金額を把握できる業者も多いので、まずはそのキャディバッグの買取相場を把握し、そこから複数の買取業者に見積もりを出してもらうのがおすすめだ。

キャディバッグの買取のデメリット

キャディバッグの買取のデメリットとしては、ゴルフクラブなどと比べて買取に対応している業者が少ないという点だろう。 キャディバッグの買取はあくまでゴルフクラブのおまけとしているような業者も多く、それほど高い価格にならないことも多い。

ゴルフクラブメインの買取業者なのか、ゴルフアイテム全般をしっかり査定して買い取ってくれるのか、クチコミなどから把握することも大切だ。

さらに、買取価格がわかりにくいという点も、買取を経験したことがない方にとっては大きな不安要素と言える。 事前の査定を受け付けている業者もあるが、実際に状態を見て買取価格が下げられてしまうという可能性も高い。

また、送料、手数料、キャンセル料などがかかる業者もあるので、できるだけ損をしないようにこれらの確認も重要だ。 店頭買取を利用する場合はキャディバッグやクラブを店頭に持っていく手間もかかる。 車などの移動手段がない方にとっては難しいと言えるだろう。

自宅で準備ができる宅配買取、査定スタッフが自宅まできてくれる出張買取などの利用も視野に入れるようにしていこう。

キャディバッグの処分のメリット

不要なキャディバッグを捨ててしまおうとお考えの方も多いのではないだろうか。 キャディバッグの買取には業者選び、梱包、バッグのメンテナンスなどなにかとしなければならないことが多く、それが面倒だと思う方も多いだろう。

これらの不要な手間をかけずにさっさと処分してしまいたいという方には捨ててしまうという選択肢もある。 しかしキャディバッグを捨てるのにも手間がかかるので、それなら買取や下取りを選択するのがおすすめだ。

キャディバッグの処分のデメリット

キャディバッグを捨てることのデメリットは多い。 まずは1円にもならないという点。 買取や下取りなら現金にすることができたり、他のキャディバッグと交換することができる。

しかし処分の場合は捨ててしまえばそれきりとなる。 ゴルフをやめてしまったとしても、買取に出して現金にした方がお得であることは間違いない。

また、キャディバッグは大きなものが多く、一般ゴミとして出すことができない。 粗大ゴミとして自治体に電話をして、ステッカーを購入して処分することになる。

処分するだけなのに料金が発生することを思うと、やはり賢い選択とは言えない。 キャディバッグは丈夫なものが多く、よほどの損傷がない限りは買い取ってもらうことが可能だ。 ボロボロだから…と諦めず、一度買取業者に見積もりを依頼してみてはいかがだろうか。

キャディバッグの下取りのデメリット

不要になったキャディバッグを下取りに出すという方法もある。 今後もゴルフを続ける予定があり、新しいキャディバッグがほしいという方にはおすすめの方法だ。 下取りのメリットとしては、最新のキャディバッグがお得な価格で購入できるという点である。

ゴルフアイテム販売店、メーカーなどで下取りのキャンペーンを行っていることが多く、その店舗に相談すればその場で下取り、さらに新しいキャディバッグを購入できる。 3.000円から5.000円程度での下取りが一般的で、新しいキャディバッグが無料になるというほどの太っ腹な業者は少ない。

また、定価の10%から20%での買取という業者もあるようだ。 場合によっては買取に出して高く買い取ってもらい、安めのキャディバッグを購入した方がいいという場合もあるだろう。

下取り方法には様々あり、店頭で直接取引できる場合や、宅配買取のように事前にホームページから申し込んで集荷にきてもらうという方法もある。

下取り対象となるキャディバッグはある程度ブランドや型番、購入日時などが指定されている場合が多いので、あまりに古いもの、定価が安いものなどは対象外になってしまう。

その点もよく確認してから下取りを賢く利用していこう。

キャディバッグの下取りのデメリット

キャディバッグの下取りは便利な点も多いが、なにかと条件が多いのがデメリットだ。 同じブランドのものとしか交換できない、古いものは交換できないなどなど…。

メーカーが指定されていたり、下取り金額が固定されている場合もある。 下取りして新しいキャディバッグを買えると思うとお得な感じもするが、買取と比較するとその金額が低いのもデメリットの一つだ。

買取の場合は他店との比較も可能で、業者によっては交渉次第で買取金額をアップしてもらうこともできる。 しかし下取りの場合は基本的には価格交渉には応じてくれず、もともとの下取り金額も低い。

新しいキャディバッグを購入したいという場合でも、不要なキャディバッグは買取に出した方がいいと言えるだろう。

キャディバッグの買取業者を選ぼう!

キャディバッグの買取について、また処分や下取りとの比較をご説明した。 キャディバッグはゴルフアイテムの中でも高いアイテムなので、買取に出す際は業者選びが大切だ。

高く買い取ってもらうには、そのキャディバッグの状態も大切だが、買取相場を把握して比較する必要もある。 いきなり一社に決めて依頼するのではなく、複数の業者に見積もりを依頼してみよう。

比較サイトを利用すれば、自宅でネットで申し込むだけで簡単に数社の買取価格を比較することができる。 買取方法や対応、スピードなども考慮して、自分の理想にぴったりの買取業者を見つけてみよう。

価値が下がる前に!早めに査定しよう
あなたのゴルフクラブ・ゴルフ用品
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「キャディバッグの買取相場はどのくらい?処分や下取りとメリット比較」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

売る前の事前相談
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する