ギター人気メーカー10社それぞれの歴史と評判【中古品も高額買取】

最終更新日:2018年12月28日
あなたの楽器
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

ハイエンドなギターはローンを組んで購入しなければならなかったりと非常に高価な商品である。人気のギターブランド・メーカーには一体どんなものがあるのだろうか。メーカー各社の歴史評判について迫りたい。


I'm a Rocker, I'm a Roller [EXPLORE] / Dusty J

GIBSON(ギブソン)


Happy hour with Gibson Guitar, Las Vegas Convention Center (NV, USA) / pestoverde

アメリカ・テネシー州のナッシュビルに本拠を構える大手楽器メーカーである。職人のオーヴィル・ヘンリー・ギブソンによって1894年に創業され、初めはミシガン州カラマズーでマンドリン製作をしていた。やがて販売会社として1902年にThe Gibson Mandolin-Guitar Mfg. Co, Ltd. と今のギブソン社が設立された。この時代は「エレキギター」というものが存在していなかった時代である。

ギター用ピックアップ開発

1924年にギブソン社のロイド・ロアーが世界初のギター用ピックアップアコースティック弦楽器用のコンデンサー型ピックアップを開発する。そして1935年にギブソン社はマグネット型ピックアップ搭載のエレクトリック・ハワイアン・ギターのEH-150とエレクトリック・スパニッシュ・ギターのES-150を発表した(発売は1936年)。これらがギブソン初のエレクトリック楽器となる。

1941年にレス・ポールがソリッドボディエレクトリックギター(LOG)ををEpiphone社の工場を使用し開発する。これをギブソン社に持ち込むも却下されてしまう(見た目は角材にブリッジ、ピックアップ、そしてネックの固定された、左右にEpiphoneのホロウボディをくっ付けた簡単な作りのもの)。だが最終的に、1952年にギブソン社からレス・ポールが販売を果たす。1957年には今のレスポールスタンダードモデルのハムバッキング・ピックアップを搭載したモデルが発表される(ピックアップは有名なP.A.F.というもの)。

幅広いアイテムを製造

ギブソン社は主にアコースティックギターエレクトリックギターを製造している。他にはマンドリン、バンジョー、アンプ、弦、ストラップ、ピックなども製造しており、業界において世界の中でも極めて有名な会社のひとつである。

楽器のこだわりとして、良質な木材を使用している。J-45などのJシリーズ、ES-330などのESシリーズなどが代表的である。その音色が独特で他のギターメーカーでは出せない味が出せる点が魅力である。

Fender(フェンダー)


Fender Stratocaster Classic Player 50's / Xoran Sorvor

Fender Electric Instrument Manufacturing Companyの創設者レオ・フェンダーが1946年に創業した楽器メーカーだ。主にエレクトリックギター、アンプの製造を行っている。

ラジオ受信機や音響機器の修理店からの始まり

前身は1938年に創業した「フェンダー・ラジオ・サービス」で、ラジオ受信機や音響機器の修理を行っていた。その後、紆余曲折あり1945年に開始したスティールギターとアンプの製造会社を1947年に改名。フェンダー・エレクトリック・インストゥルメント・カンパニーとした。フェンダー・アメリカン・スタンダードフェンダー・スタンダードなどが代表的である。弾き味が軽く、長時間弾いても疲れにくいという点が魅力である。

FENDERのFENDER JAPAN

日本製FENDERのFENDER JAPANは、エレキギターブーム時代に日本の各メーカーが安い価格でFENDERのストラトキャスターやGIBSONのレスポールのエレキギターをコピーし海賊版を作っていたことから、これらの「海賊版」に対抗するために作られた

初めにFENDER JAPAN製造・販売を行ったのがフジゲンで有名な富士弦楽器製造。運営自体はアメリカのFENDER社とフジゲンを株主に設立された株式会社フェンダージャパンによって行われた。しかしバブル崩壊により会社の経営状況が悪化してしまう。結果としてフジゲンは1997年に株式会社フェンダージャパンの株式を全て売却することになり、FENDER JAPANの事業から手を引くことになる。

この後、FENDER JAPANを引き継ぐことになるのが神田商会。神田商会の引き継ぎ後、シリアルナンバーの上にあるMade in Japan が Crafted in Japan に切り替わる。

Martin(マーティン)


martin 032 / Joseph Brent

マーティン社はアメリカのギター、マンドリン、ウクレレのメーカーである。世界中のミュージシャンに愛用されておりその人気は高い。創業者はドイツ人のクリスチャン・フレデリック・マーティンで、1833年にニューヨークで楽器店を開くと同時にギター制作も始めた。その後、1838年にペンシルベニア州ナザレスに移住して本格的にギター制作を開始した。

社風

現在の社長も同じくC.F.Martinという名前だが、これはマーティン社伝統的な「同族企業」だからである。会社全体で家族的な雰囲気を大切にし、従業員全員が仕事に誇りを持ち、ギターを愛し、マーティン社を愛するという社風が非常に特徴的である。それに加えマーティン社の工場は住宅地の中にあり、工場とは程遠い学校のような見た目をしている。

この社風こそが創業者の確立したギター作りの基本を時代の流行に左右されることなく現代でも守り続けられている秘訣と言える。

代表モデル

戦前に40本だけ製造された「オリジナルOM-45」や91本だけ製造された「プリウォーD-45」モデルが代表的である。弾くものと聴くものの両方を虜にする音を奏でる点が魅力である。

Ibanez(アイバニーズ)


Ibanez Roadgear 600 / MaQPhoto

愛知県名古屋市に拠点を構える星野書店の楽器部として1908年に創業、星野楽器のギター、ベースに名を冠されるブランドである。

書店に楽器部?

スペインのギター製作家サルバドール・イバニェスの工房がスペイン内戦によって廃業したものを星野楽器が買い取ったものが始まりである。当初はイバニェス・サルバドールブランドであったが、後にアイバニーズとされた。

書店で楽器が作られた背景は、教科書など学校の教材を扱う上で音楽の教材としてオルガンなどの楽器が求められたことからである。

幅広いジャンル、奏者に対応

アイバニーズのギターはとてもスタイリッシュで想定されるジャンルでのプレイアビリティが高いという特徴がある。しかしプロジェクトごとに自由なコンセプトを打ち立てているため、「こうでなければならない」という決まりは設定されていない。ポップス、ロック、デスメタル、初心者から超絶技巧派、幅広いジャンルをカバーするラインナップが作り上げられている。また、アイバニーズは多弦ギターの普及にも貢献していて、現在では8弦ギター9弦ギターまで開発している。

多弦ギターやコイルタップ機能を持ったものが代表的である。扱いやすく弾きやすい完成されたギターであり、初心者からプロまで幅広く愛用されている。

Tokai(トーカイ)


2008 Tokai LS100Q / Freebird

トーカイは東海楽器製造株式会社が製造するギターブランドである。東海楽器製造株式会社は1947年に設立された静岡県浜松市にある楽器製造メーカーである。最初はピアノとハーモニカの研究開発を目的として設立され、徐々に事業を拡大していった。

主な製造品はエレキギターアコースティックギターピアニカアンプなどである。LSシリーズ、Talbo、Cat’s Eyesなどが代表的である。トーカイのギターは品質が良くレプリカを作る際にも時にはオリジナルを超える製品を作ることもしばしばある点で人気がある。

PRS(ポール・リード・スミス)


PRS Custom 24 Emerald Green (body detail) / fvancini

ポール・リード・スミスは、1985年にポール・リード・スミスによって創業されたメーカーだ。エレクトリックギターとエレクトリックベースを製造している。フェンダーやギブソンなどの老舗ギターメーカーと比較すると若いメーカーであるが、組み込み制度や調整、演奏性など楽器自体のクォリティーは高く評価されている。

Single Cutシリーズsantanaシリーズ513シリーズが代表的である。ポール・リード・スミスの最大の魅力は最高の品質を求める姿勢にあり人気がある。

Gretsch(グレッチ)


Gretsch Guitar / veni markovski

グレッチはドラム製造メーカーのdwの傘下の楽器メーカーである。主にドラムとエレクトリックギターの製造で知られる。1883年にドイツからの移民であるフレデリック・グエッチによってブルックリンで創業された。当初はバンジョー、タンブリン、ドラムなどを扱っていたが、子のフレッドが会社を継ぎ、1916年にウィリアムスバーグのビルに会社を移したことを機に、グレッチはアメリカを代表する楽器メーカーへと成長を遂げる。

6120ホワイトファルコンカントリージェントルマンが代表的である。美しいデザインだけでなく音に関しても非常に高い評価を受けており人気がある。

ESP(イーエスピー)


ESP Horizon guitar / L'Teigneux

株式会社イーエスピーはギターを中心とする楽器製造及び音楽関連事業などを展開する日本の企業である。フジゲンでグレコの設計を担当していた椎野秀聰が渋谷尚武、Moony K Omoteらと共に1975年にギターメーカーとして創業したのが始まりである。1977年には創業者の椎野秀聰とMoony K Omoteが退職し、渋谷尚武が代表として引き継いだ。

HOROZONFORESTESP-ARROWが代表的である。どのギターメーカーも作れない斬新なデザインやオーダーメイドにも対応する能力といった点が他メーカーとの大きな違いで人気を得ている。

Taylor(テイラー)


Taylor / Adam McDowell

テイラー・ギターズは、ボブ・テイラーとカート・リスタグによって1974年にカルフォルニア州サンディエゴに創設したギターメーカーである。木材の厳選から加工・仕上げなど、その細部に至るまで技術と職人の力が組み合わさった、革新的ではあるが極めて伝統的な優れたサウンドを産み出す合理的な生産工程は今ではアメリカン・アコースティック・ギターの主流となっている。

300シリーズ400シリーズ500シリーズなどが代表的である。他のブランドには無いメンテナンスのし易さと耐久性を重視したギターの作りに人気がある

YAMAHA(ヤマハ)


Yamaha Pacifica 1511MS / Freebird_71

ヤマハ株式会社は世界唯一の総合楽器メーカーであり、ピアノ、エレクトリックギター、ドラム、ヴァイオリン、チェロなど100種類以上の多岐に渡る楽器を生産している。特にピアノ製造においては生産量で世界シェア1位であり、海外においても非常に知名度の高いブランドである。1897年に日本楽器製造株式会社(ニチガク)として発足し、その後ヤマハ・YAMAHAのブランド名で展開、1987年に社名をヤマハに改称した。

SGシリーズPacificaシリーズLシリーズなどが代表的である。比較的どの価格帯のギターでもクセが少なくオーソドックスな音を出すことができる点で人気がある。

↓まずは無料見積もり↓

【PR】高額買取をしてくれるトイズキング

トイズキングはホビー用品の買取を行っている買取ショップだが楽器の買取にも力を入れており、ギターをはじめ、エレキベースやヴァイオリン、フルートなど幅広い楽器の買取にも応じている。こちらは全国に10店舗を展開していて、さらに宅配と出張買取にも対応している。宅配や出張買取にかかる費用(送料・出張費用など)が全て無料なので、気軽に利用しやすいのではないだろうか。

また、トイズキングは買取額が高いと評判で買取実績もかなり豊富査定料や査定額に満足しなかった場合のキャンセル料や返送料も一切かからないので、まずは気軽に見積もり依頼をしてみよう。

【PR】出張買取無料のHot&Cool

Hot&Coolは中古楽器を主に扱う有店舗買取業者で、持ち込み買取と出張買取をおこなっている。出張買取は東京都、埼玉県、栃木県、茨城県が対応エリアだが、それ以外の地域の場合も相談次第可能になることがある。出張買取では出張費が無料で、即日出張が可能。知識が豊富なスタッフと直接話し合い、納得の査定をしてくれるのでオススメだ。また、持ち込み買取の際には店内展示商品に対する下取りの相談も可能。店舗内の防音室にて爆音での試演奏が可能だ。

Hot&Cool
4.85
(172件の評価)
今が売りどき!

まずは査定依頼から!ガクヤ楽器買取ネット

ガクヤ楽器買取ネットは、エレキ・アコギから国産・海外メーカー問わず幅広い楽器の買取を行なっている楽器専門の買取ショップだ。

こちらは 宅配買取のみの対応となるが、宅配送料や振込手数料が無料。さらに宅配キットも無料で提供してくれるので、自宅で売りたいギターを梱包して送れば売却が可能だ。万が一、査定額に満足しなかった場合の返送料も無料なので、気軽に査定ができるのも嬉しいポイント。

また、ガクヤ楽器買取ネットは楽器の専門家がいるので、きちんとした買取額を掲示してくれる。まずはこちらから査定依頼をしてみてはいかがだろうか。

楽器買取専門ショップ、カワカミ楽器

カワカミ楽器は、ギターや和楽器、民族楽器も取り扱う楽器買取専門店だ。店頭買取、宅配買取、出張買取はすべて手数料無料。出張買取は東京都、アイテム数によって関東圏に対応している。国外の相場も把握しているため、高価格での買取が期待できるだろう。

ギターの買取ならおたからや

おたからやはギターをはじめ、ブランド品や古銭、切手、ホビーなど幅広い商材を扱う買取専門店だ。専門知識を持ったスタッフが在中しており、ギターについてもしっかりと見極めてくれる。商材の扱いが多いわりにはどの分野でも高額買取を行っており、ユーザーからの評判も良い。買取したい、あるいは査定額が知りたい場合にはぜひおたからやに依頼してみよう。

おたからや
3.17
(450件の評価)
今が売りどき!

楽器、音楽機材のimplant4

implant4(インプラント4)は、大阪に店舗を構えるシンセサイザーやDJ機材などの電子楽器や音楽機材を扱う楽器専門店。ギターやアンプなどの楽器や機材の買取もおこなっている。小規模店ならではの小回りの利く柔軟な対応が魅力だ。故障があっても買い取ることもあるため、まずは問い合わせみてほしい。

ヒカカク!で楽器を高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

あなたの楽器
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「ギター人気メーカー10社それぞれの歴史と評判【中古品も高額買取】」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

LINEで相談する
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する