クリュッグ ヴィンテージの買取相場・査定情報まとめ

最終更新日:2019年03月14日
価値が下がる前に!早めに査定しよう
あなたのシャンパン
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

有名なメーカーのシャンパンは、買取店に相談すると売れることが多い。お酒を買取するお店は、ワインや日本酒、ウイスキーなどのいろいろなドリンクを扱っており、宅配査定も利用できるようになっている。

シャンパンの買取価格は、製造しているメゾンや銘柄によって変わってくるのが一般的だ。売りたい品があるときは、買取相場を調べておこう。

ここでは、フランスのクリュッグのシャンパンを取り上げて、査定情報などをご紹介していく。

クリュッグ ヴィンテージの買取相場・査定情報まとめ

「クリュッグ」はシャンパンの愛好家からも一目置かれるメゾン

クリュッグ(Krug)は、シャンパンの愛好家たちからも高く評価されているメゾンだ。こちらのメゾンは、19世紀からフランスのランス地方でシャンパンを作り続けている。

ドイツ出身のヨーゼフ・クリュッグによって設立されたメゾン

クリュッグを創業したのは、ドイツ出身のヨーゼフ・クリュッグ。彼の死後は息子に事業が引き継がれ、以後はクリュッグ家が代々メゾンの経営に携わってきた。クリュッグでは、現代になっても創業者であるヨーゼフ・クリュッグのヴィジョンを守り続けている。

イギリス王室御用達のシャンパン

クリュッグのシャンパンは、次第にイギリスなどの国外に多く輸出されるようになった。海外でも高い評価を受けたクリュッグは、後にイギリス王室御用達の認定を得ている。製法にこだわったクリュッグのシャンパンは、「シャンパンの帝王」とも呼ばれる。

伝統的な醸造法で製造している

クリュッグでは、創業以来伝統的な醸造法を守り続けている。収穫したブドウを一次発酵させる際に、フレンチオークの樽を使用するのがこのメゾンのスタイルになっている。

一次発酵は、収穫したブドウを圧搾した後におこなうプロセス。オーク材の樽を使う発酵は手間や時間がかかるが、テイストに独特のニュアンスが加わるなどのメリットがある。シャンパンの愛好家には、このようなクリュッグの製品にほれ込み、ほかの銘柄のシャンパンを飲まない「クリュギュスト」と呼ばれる人たちもいる。

LVMHグループへの加入・ヴィンテージシリーズの発売

1999年に、クリュッグはモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)グループに加わった。ちなみに、同グループにはシャンパンのメゾンとして知られるモエ・エ・シャンドン(Moet & Chandon)やドン・ペリニヨン(Dom Pérignon)、ヴーヴ・クリコ(Veuve Clicquot)なども入っている。

クリュッグでは、ブドウの当たり年にヴィンテージのシリーズを発売している。クリュッグのヴィンテージは、それぞれ個性豊かな味わいが楽しめるのが特徴だ。

1980年代のヴィンテージの査定状況

クリュッグのヴィンテージの買取価格は、査定をおこなうお店によっても違いがある。また、買取店は年でクリュッグのヴィンテージの査定価格を変えていることが多い。正確な金額を知りたいときは、その都度無料査定を受ける必要があるだろう。買取査定を受ける前に、ヤフオクで相場を調べている人もいる。

1980年代のヴィンテージの販売価格

1980年代のクリュッグのヴィンテージは、通販サイトなどでは110,000円前後で販売されている。ちなみにあるサイトでは、1981年のヴィンテージに170,000円台の値段がついており、販売価格がほかの年よりもやや高くなっている。

容量が多い「クリュッグヴィンテージ1982マグナム」などは、販売価格が300,000円以上と高額だ。

1980年代のヴィンテージの買取価格

中古品の1980年代のクリュッグのヴィンテージでは、1988年の品などが多く出回っている。あるお店が公開している「クリュッグヴィンテージ1988」の買取参考価格は、約40,000円。1988年のクリュッグのヴィンテージは、バランスが取れた上品なテイストが特徴と言われており、評判がよい。

査定価格は販売価格よりも下がるのが一般的

1980年代のクリュッグのシャンパンの場合も、査定価格は販売価格よりもおおむね少ない金額になっている。中古品の買取査定では、査定額が販売価格を超えるケースは限られている。新品に近い未使用品であっても、中古品は新品の販売価格の半値以下になることが多い。

付属品がそろっていると減額されにくい

クリュッグの1980年代のシャンパンを売るときには、などはぜひそろえておきたい。付属品がある場合、査定価格が上がるケースが多い。相場の範囲内で高く見積もってもらえることが考えられるため、宅配査定を受けるときには箱も忘れずに送ろう。

1990年代のヴィンテージの査定状況

1990年代の「クリュッグヴィンテージ」の査定価格は、1980年代の品よりもやや下がる傾向にあるが、シャンパンの買取価格としては比較的高い金額になっている。シャンパンは、品によっては1,000円前後で買取されるケースもある。ファンが多いクリュッグのシャンパンの場合は、買取査定でも高く評価されやすい。

1990年代のヴィンテージの販売価格

1990年代のクリュッグのヴィンテージは、販売価格が1980年代のシャンパンよりいくぶん安い。例えば、ある通販サイトでは、「クリュッグヴィンテージ1995」が約50,000円から約70,000円で販売されている。

ちなみに、「クリュッグヴィンテージ1996」の販売価格は90,000円台だ。ただ、大容量の「クリュッグヴィンテージ1998ジェロボアム」などは、300,000円を超える高額な金額がついている。

1990年代のヴィンテージの買取価格

買取店では、爽やかな香りが楽しめる「クリュッグヴィンテージ1996」の買取参考価格を30,000円前後としている。1996年は、天候や環境などのさまざまな点でブドウの生育に最適な条件がそろっていた。

この年のクリュッグのヴィンテージは、爽快感やリッチなテイストが味わえるのが特徴になっている。レモンや洋ナシなどのフルーツや蜂蜜を彷彿させるテイストが楽しめるのが、このシャンパンの魅力。

また、「オマージュ・オ・シャルドネ」とも称されているのが「クリュッグヴィンテージ1998」。このシャンパンはシャルドネを多く使用しているのが特徴で、柔らかくまろやかなテイストが味わえる。オレンジピールやドライフルーツ、コショウなどのさまざまな香りが楽しめるシャンパンに仕上がっている。

こちらの品も、1996年のヴィンテージと同じく買取参考価格は約30,000円だ。

1996年、1998年のヴィンテージのいずれも、中古品の買取価格は販売価格を下回っている。販売価格が安いことから、この年代のヴィンテージの査定価格は1980年代よりも10,000円ほど下がっている。

2000年代のヴィンテージの査定状況

2000年代の「クリュッグヴィンテージ」は、年によって査定価格に大きな差があるのが特徴と言える。このような品は、どの年のシャンパンを所有しているかによって、期待できる査定額が変わってくる。買取店に相談する際には、年代も正確に伝えておこう。

2000年代のヴィンテージの販売価格

通販サイトで販売されている2000年代の「クリュッグヴィンテージ」の価格は、だいたい20,000円台から30,000円台となっている。1990年代や1980年代のヴィンテージと比べると、2000年代の品はだいぶ安い金額で販売されている。

2000年代のヴィンテージの買取価格

2000年代の「クリュッグヴィンテージ」の買取価格には、幅が見られる。この年代のクリュッグのヴィンテージの場合、年によっては販売価格よりも高い金額になっている可能性がある。

例えば、ある買取店が公開している「クリュッグヴィンテージ2002」の買取参考価格は約70,000円だ。こちらのお店では、「クリュッグヴィンテージ2003」にも約60,000円の価格をつけている。このような年のシャンパンは、販売価格よりも査定価格が上がるかもしれない。

ちなみに、「クリュッグヴィンテージ2004」は、買取参考価格が約20,000円とやや安い。また、「クリュッグヴィンテージ2000」も買取参考価格は約23,000円だ。

買取価格が高い2000年代のヴィンテージの特徴

70,000円や60,000円といった高い金額がついている「クリュッグヴィンテージ」には特徴がある。例えば、買取参考価格が約70,000円の2002年の「クリュッグヴィンテージ」は、「自然への賛歌」と名付けられた1品。深みを感じさせるテイストやエレガントな味わいが、こちらのシャンパンの魅力になっている。

また、「活き活きとした輝き」という名前がついているのが「クリュッグヴィンテージ2003」だ。こちらのシャンパンは、フルーツの豊かなテイストが特徴になっている。この2つのヴィンテージは、いずれも時間がたつほど熟成し、深い味わいが楽しめる。こういった品の場合、発売された当初よりも後に査定価格が上がるケースがある。

「クリュッグヴィンテージ」の査定に影響するポイント

「クリュッグヴィンテージ」の査定価格は、さまざまな要素に左右される。クリュッグのシャンパンを買取するお店には、年別の買取価格を公表していないところもあるため、実際にいくらぐらいの金額がつくかは査定に出してみないとわからない

「クリュッグヴィンテージ」の査定に影響するのが、次のようなポイントだ。

  • ・人気の有無
  • ・テイストの個性
  • ・品物の状態

個性が強い分人気がわかれやすい

年ごとに独特の個性をもつ「クリュッグヴィンテージ」は、人気がわかれやすい。実際、クリュッグのファンから好評を得ているヴィンテージなどは、ほかの年よりも査定価格が上がるケースが少なくない。人気がある年のヴィンテージは、ニーズがあることから高く評価されることが多いのだ。

ラベルやボトルの状態が重要

シャンパンの買取査定では、品物の状態も金額に大きな影響を与える。シャンパンは、扱い方によっては風味が落ちてしまうことがある。直射日光が当たる場所に保管していたり、温度変化が激しいところに置いていたりすると、シャンパンが劣化してしまうため要注意だ。

シャンパンの査定をおこなうスタッフは、ラベルやボトルなどから保管状態をイメージすることが多い。例えば、ラベルが色あせているときには、日光にさらされた可能性がある。このような品は、査定額も低くなりやすい。

シャンパンの査定では、通常はテイスティングはおこなわれないが、ボトルの状態などを参考にして品質がチェックされる。シャンパンを高く買取してもらいたい場合は、保管する時点から少し注意を払おう。ホコリや汚れなどは減額の対象になるため、査定の前には可能な範囲でボトルを掃除しておきたい。

まとめ

伝統的な製法で作られたクリュッグのシャンパンは、ファンも多く、一般的なシャンパンと比べて高く買い取ってもらうことができる。特にブドウの当たり年に醸造されるヴィンテージは、個性豊かで人気が高い。特に1980年代のクリュッグヴィンテージに高値がつく傾向があるが、どの年のシャンパンかによって値段はかわってくる

また、箱の有無ボトルの状態も査定額に影響する。手元に飲む予定のないクリュッグのシャンパンがあるならば、ボトルを綺麗にした上で査定に出してみよう。

ヒカカク!でシャンパンを高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

価値が下がる前に!早めに査定しよう
あなたのシャンパン
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「クリュッグ ヴィンテージの買取相場・査定情報まとめ」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

売る前の事前相談
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する