ハイエンドモデルiPhone Xが登場!iPhone8/8Plusとの違いは?

ヒカカク!でiPhoneを高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

2017年9月13日に行われた、Apple社の新商品発表会「Apple Special Event」。世界中が注目する中、新型iPhoneの「iPhone X(テン)」が発表された

ここでは、同時に発表された「iPhone8/8Plus」との違いや性能差、値段について詳しく紹介していく。

iPhone発売10周年を記念したハイエンドモデル

iPhone Xは、iPhone発売10周年を記念して作られた記念のモデル。発表時には、”スマートフォンの未来“とも形容された新しいデザインとこれまでになかった画期的な技術で、世界中の人々を驚かせた。

ホームボタンを排除した5.8インチ画面! スーパーRetinaディスプレイを搭載

iPhone8/8Plusは、前モデル(iPhone7/7Plus)を引き継ぎ4.7インチ、5.5インチの画面サイズだったのに対して、iPhone Xは5.8インチと画面サイズが大きくなった

しかしながら、外装(幅・高さ)自体はiPhone8Plusの方が大きい。これは、ベゼルレスでホームボタンを排除した影響によるもの。これまでのiPhoneにもれなくついてきたホームボタンを取り除いてしまうことで、本体サイズを小さくしたまま画面のみを大きくすることに成功したのだ。

また、iPhone Xに採用されているのは、「スーパーRetinaディスプレイ」。2436 x 1125ピクセルは、iPhone史上最大。これまでのRetinaディスプレイよりも美しく、鮮明な色合いを実現した

ゲームをする人にとってはディスプレイがより美しくなったことは非常にいいことだろう。

ホームボタンがなくなった!新機能のジェスチャー操作

ホームボタンを使わないことで操作が従来のiPhoneとは全く異なってくる。今までとの大きな違いだ。

iPhoneⅩはホームボタンがなくなった。ホームボタンは今までのiPhoneにずっとついてきたものだが、ボタン式からタッチ式と変化してきたホームボタンもついになくなった。 ホームボタンがなくなった分、同じサイズでも画面サイズが大きくなるということが最大のメリットだろう。

デメリットとしては、画面が割れてしまった時でもホームボタンで色々とできることがあったが、それができなくなってしまったのは痛いのではないだろうか。

それとメリット、デメリットとは関係ないが、見た目がandroidのようになってしまったことが気になっている人もいるようだ。iPhoneというブランド的には新しいデザインだが、androidにはよくあるデザインに見えるという意見も多い。

デザインは好き嫌いが分かれるところであるが、特徴を失ってしまったという点はあるだろう。けれどiPhoneの画面を大きく使うことができるのはメリットではないだろうか。

次にジェスチャー操作について説明したい。ホームボタンがなくなったことによってアプリの切り替えなどを指一本ですることができるジェスチャー操作が可能になった。これは従来のiPhoneとは全く異なる点で、今までどれだけホームボタンを利用してきたのかがわかる。

ホームボタンがないと動かしにくいのではないかと思うが、慣れればどうってことないということなのだろう。

ケース素材はステンレスを使用!2色での展開

また、ケース素材はiPhone8/8Plusがアルミであるのに対して、iPhone Xは「ステンレス素材」。色は、シルバーとスペースグレイの2色展開となる。iPhone8/8Plusで展開されているゴールドの取り扱いはないようだ。

両面ガラス製のラグジュアリーなデザイン

今回発表された、iPhone8/8Plus、iPhone Xの3機種が共通して両面ガラス製のラグジュアリーなデザインとなった。iPhone4でも採用された背面のガラスパネルだが、当時は耐久性に問題があった。しかし、今回のガラスパネルはスチールで補強した堅固な作りとなっている

発売前にも関わらず、既にケースが販売されている。しかしiPhoneⅩ自体が洗練されたデザインであるため、ケースを付けるのは少しもったいないように感じる。しかし割れるのが心配ならケースを付けるのに越したことはないだろう。

iPhone8/8Plusもそうであるが、両面がガラスのきれいなデザインを隠すことでしか守れないのはなかなかもったいないといえる。

ワイヤレス充電に対応!有線充電もOK

AppleがiPhoneを再びガラスパネルに変更したのには、理由がある。それが、ワイヤレス充電に対応させるためだ。他社のAndroid端末が続々とワイヤレス充電に対応していく中で、Appleは一歩遅れをとっていたイメージもあるが、iPhone8/8Plus、iPhone Xの3機種全てに待望のワイヤレス充電機能が搭載されたのだ。

無線充電の規格はQi。これまでは、Apple独自の規格商品でしか充電できなかったが、「Qi無線充電」対応の充電器は既に各社が数多く販売している。新型のiPhoneでは、それらを使用できる環境になったため、iPhoneの使い勝手が格段に向上するといえるだろう。

もちろん、これまで通りLightningケーブルの差し込み口も残っているため、有線での充電も対応している

また、2018年には新型充電器「Air Power」が発売予定となっている。Apple WatchやAir Pods、iPhoneを置くだけで充電できるApple公式の無線充電器アクセサリーということで、Apple製品のファンにとっては注目の商品だ。

新商品の注目点は充電の速さや、充電中に利用できるかといったことだろう。まだ情報が出ていないので、これからの発表が楽しみである。

3D顔認証センサー 「Face ID」の実装!

iPhone8/8Plusには、引き続きホームボタンが搭載されているため「Touch ID」が採用されている。一方、ホームボタンを排除したiphone Xでは新技術の「Face ID」が実装された。

指紋認証機能だったTouch IDに対して、Face IDは“顔認証機能”。立体的に顔を捉えてくれるので、顔をかざすだけでアンロックできるようになったのだ。

Face IDでは顔を3D(立体的)に捉えているため、写真などでアンロックしようとしても認識されない。左右斜めなど、様々な角度からの認証が成功する一方で、「なりすまし」によるロック解除が成功する確率は”100万分の1”。これは、Touch IDの20倍にあたるセキュリティー強度であるそうだ。(Apple Special Eventでの発表)

このセキュリティー強度の理由は、赤外線を利用したことにある。赤外線を利用したことにより、写真での顔認証突破を防ぎ、暗い場所での読み取りも正確に行えるようになった。 従来の指紋認証から顔認証になったことで、より簡単にロックを解除することができるようになったといえるだろう。

しかし、指紋認証はできないので、指紋認証を利用したい人には向いていない。たしかに顔認証はかなり情報を読み取られている気がするので気が進まないという人がいてもおかしくない。実際にどのように読み取るのかが気になるところだ。

デュアルカメラ搭載!iPhone8Plusとの違いは?

iPhone8Plusと同様、iPhoneXもデュアルカメラが搭載されている。

12MP(1200万画素の)デュアルカメラなどのスペックは8Plusと変わらないものの、望遠レンズはF2.4が搭載されている。(これは8PlusのF2.8よりも明るくハイスペック)広角カメラ・望遠カメラ共に、光学式の手ぶれ補正機構を搭載しているため、使い勝手が向上した。

インカメラには、「True Depthカメラ」という新しい機能を搭載。深度センサーが入っており、「ポートレートモード」でハイレベルな自撮りが可能となっている。

既に発売されているiPhone8/8Plusで撮られた写真がSNSなどで話題になっていたので、このiPhoneⅩのカメラも期待できるだろう。SNS全盛期にスマホカメラの重要性がどんどん高まっているのは間違いない

絵文字が進化した!「Animoji(アニモジ)」の登場

iPhone Xのみ実装となった「Animoji(アニモジ)」は、ユーザーの顔の表情を読み取り、その表情を3Dの絵文字に反映させ、アニメーションのように動く機能だ。先述のTrue Depthカメラにより実現されたこの機能は、クオリティーの高さから発表会で驚きの声が上がった程。

“絵文字に命を吹き込む”この機能は、“スマートフォンでのコミュニケーションの未来”を提示してくれたといえるだろう。動くことによってより感情を伝えることができるのではないだろうか。

iPhone7よりも2時間長いバッテリーを搭載

Appleの発表によると、バッテリー駆動時間はiPhone7よりも2時間長くなっているとのこと。どのような条件下でのデータなのかは不明だが、過去のモデルよりもバッテリーの容量が上がっていることは確かだろう。

しかし、ここでiPhone8/8Plusとのバッテリーの違いを提示されなかったのは気になるところだ。あまり違いはないのかもしれない。

ここまで従来のiPhoneとの違いを説明してきたが、いかがだっただろうか?自分に合う、合わないといったことや値段のことなど、様々な要素が変化したことでニーズも変わってくるだろう。よくよく検討してほしい。

ハイスペックになっていることは間違いないので、そこは心配しなくていいだろう。デザイン面からみて、今までandroidだった人も乗り換えようかと思うようなデザインではないだろうか?

iPhone X 気になる値段・発売日は?

iPhone Xは10/27予約開始、11/3販売となる。これは、同時発表されたiPhone8/8Plusよりも1ヶ月程遅い発売となっている。

値段は64GB が999ドル(112800円)、256GBが1149ドル(129800円)。小さい容量の物でも100,000円を超える、ハイエンドモデルの位置づけだ。

ここで気になるのが、販売値段の高さであるが、修理代金も高くなっている。AppleCare+に未加入の場合、画面損傷は31800円その他の損傷は60800円となっている。AppleCare+に加入している場合は、加入費22800円にプラスして画面損傷は3400円その他の損傷は11800円。過去最高値となっているのだ。

背面ガラスがやはり高くなっているのだろうか。その他の損傷の修理費が非常に高くなっている。今までにiPhoneの画面を割ってしまったことがある人、割ったことはないが落としがちな人はAppleCare+に加入するか、丈夫なケースを購入するかして損傷からきちんとiPhoneⅩを守るようにしよう

既に発売されているiPhone8/8Plusの評判は?

9月22日に発売されたiPhone8/8Plus。発売発表からすでに次世代機が発売されることが確定した状態での発売となった。iPhone8/8Plus はiPhone7/7Plusの進化版、iPhoneⅩはプレミアムモデルという位置づけとなっている。

次世代機のiPhoneⅩとは少なからず共通点もあり、iPhone8/8Plusの評判を見てから購入する人も多いことだろう。

iPhone7/7Plusからの進化版であるiPhone8/8Plus。カラーはシルバー、ゴールドと同じであるが、素材が変わったことによって見た目に違いが出たようだ。両面がガラスになったことで、つるっとした印象の高級感が感じられるデザインとなっている。

両面ガラスであることによって、背面のガラスの破損を恐れてケースを購入するだろうが、それだとせっかくのデザインが見えなくなってしまうのが痛い。これはiPhoneⅩにも通ずるところだろう。

またスペックも上がっており、音質や処理能力も実感できるほど顕著に向上しているようだ。そしてなんといってもディスプレイがきれいになったことが特徴だろう。

しかし、iPhone7/7Plus同様、イヤホンジャックがない点は歓迎されていないようだ。

ワイヤレス充電が今回注目されている点だが、非常に便利なようだ。これで利用したいと思う人も多いだろう。

カメラの評判も高い。SNSできれいな写真が撮れると話題になっていたのを見たという人もいるのではないだろうか?

かなり良い端末だと思われるiPhone8/8Plusだが、重くなった点が気になる人が多いようだ。端末の重量は利用にかなりかかわってくるので、長時間使う人は少し不便を感じるかもしれない。

まとめ

発売から10年が経過しても、その人気が継続しているiPhoneシリーズ。今回発表されたiPhone Xでは、ホームボタンを排除するなど、今までのデザインを一掃した。 “スマートフォンの未来”とまで形容されたiPhone Xは、今後発売されるであろうスマートフォンへ、大きな影響を与えることは間違いない

しかし実際のデザインはandroidを彷彿とさせるため、デザインに関してはあまり目立ったすごさを感じないという人もいるだろう。しかし、スペックや新しい機能などが期待できるのは、上記を読んで感じていただけたと思う

100000円を超えるハイエンドモデルではあるが、予約が殺到することが予想される。購入希望者は、予約開始と同時に申し込むといいだろう。また、発売から少々時間が経てば“中古端末”も市場に多く出てくるはずだ。この値段では手が出ないという人は、中古のiPhone Xを狙ってみてもいいかもしれない。

10月30日追記

今回かなりの数の人が予約に殺到したようだ。予約サイトがつながりづらくなり、Twitterなどでも、サーバーのつながりにくさを嘆く声が見受けられた。海外の話ではあるが、香港では予約開始30分で売り切れるという事態が発生していた。

現在オンラインストアでは5~6週間待ちとなっており、購入ができない状態となっている。発売日に手に入れたいならわずかだが残っている店頭在庫を狙ったほうがいいだろう。

iPhoneが予約開始後すぐ売り切れるのは珍しいことではなく、発売後の数週間から数カ月で需要バランスを調整していくようだ。

ところでiPhoneⅩを無事に予約できた人も心配な問題が発生している。

現在オンラインストアで申し込んだ人の一部に勝手にキャンセルになるということが発生しているようだ。iPhoneⅩを予約した人でメールの確認をしていない人は一度チェックをしてほしい。もし心当たりのないキャンセル通知が来ていた場合にはコールセンターに問い合わせよう

しかし、購入制限台数である1人2台規制に違反していない場合のことである。もし購入台数が3台以上となっており、それによって強制キャンセルされてしまった場合は、規約違反なのでどうしようもない

問い合わせはApple Online Storeコールセンターへとなるが、個人、学生・教職員、法人で異なる電話番号が窓口となっている。自分が電話する番号がどれなのかを確認して電話しよう。

色々と予約開始からも起こっているiPhoneⅩ。無事に発売されて手元に届くことを願うばかりである。

中古でもアイホン探してみよう

人気シリーズでも、もしかすると中古で見つかるかもしれない。そこで、検索してみてほしいのが中古スマホを売買しているスマホのマーケット(スママ)だ。スママでは多くの中古アイホンを売買しているので新しく買うよりも安く手に入れることができる。動作保証やSIM診断、除菌クリーニングなどがあるのでキレイな状態で購入できるのも特徴だ。中古アイホン探すならスママがいいだろう。

価値が下がる前に!早めに査定しよう
あなたのiPhone
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「ハイエンドモデルiPhone Xが登場!iPhone8/8Plusとの違いは?」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

売る前の事前相談
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する